メキシコ

メキシコ:グアダラハラ

龍崎 節子(りゅうざき せつこ)

職業…民芸品輸出、撮影コーディネート、通訳翻訳
居住都市…グアダラハラ(メキシコ・ハリスコ州)

前の月へ

2022.6

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

 封鎖している柵の中で警備に当たる警察官たちに、道ゆく市民が近づき、ペットボトルの水やサンドイッチなどを手渡していきます。勧められた警官たちも躊躇することなく受け取り、感謝してそれをいただいています。メキシコではこれが一般的なようです。


通りすがりに警官たちに差し入れをしたり

通りすがりに警官たちに差し入れをしたり

 突然その後ろからメガホンを持った男性が人々に呼びかけます。

「私たちは7年前、同じく火災で店を失ったコロン市場の者です。皆さんの辛さがよくわかります。少しでも足しになればと思い、飲み物と食べ物を持ってきました」

 すぐ横にたくさんの食品を乗せたピックアップトラックを横付け、列を作った人々にパンや飲み物、フルーツなどを手渡ししていきます。

 カソリックの国で自然に出てくる「兄弟愛」のいい例だと思います。


近隣の市場テナントから差し入れ

近隣の市場テナントから差し入れ

 市営の市場なので市役所からも、被害にあったテナントの皆さんに「基礎食品一揃え」が大きな袋に入れられて配られました。少しでも損失の足しになれば、とのことですが、テナントの皆さんからは明白な営業再開の知らせと補填をしてほしいと、声が上がっています。

被災しなかった部分の営業再開は火災から一週間後、4月7日を目標にしているとのことです。




レポーター「龍崎 節子」の最近の記事

「メキシコ」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives