メキシコ

メキシコ:グアダラハラ

龍崎 節子(りゅうざき せつこ)

職業…民芸品輸出、撮影コーディネート、通訳翻訳
居住都市…グアダラハラ(メキシコ・ハリスコ州)

前の月へ

2022.8

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

 メキシコは国土が広いので乾燥した大地の広がる内陸のイメージが強いのですが、西を太平洋、東をメキシコ湾とカリブ海に囲まれています。

 西の太平洋側、国土の北側には、バハカリフォルニアの細長い半島が伸び、本土とその半島の間にコルテス海があります。このコルテス海ではこの20数年前からマグロの養殖・蓄養がされており、多くのマグロが日本に輸出されています。

 その「養殖場の網」をすり抜けて海洋に戻り南下し、漁師さんに捕まった(らしい)マグロが、太平洋側の魚市場で買えることがあります。


 魚市場の大きな魚屋さんでは丸のままのマグロを一本買いし、客の目の前で解体、欲しい部位を欲しいだけ買うことができます。

 値段は時期によってまちまちですが、1キロ350~500ペソ(2000-3000円)。お店にもよりますが大抵は部位関係なく均一の値段です。

 運が良ければ立派な伊勢海老も手に入るので、シーフードを食べるためだけに海に遊びに行くのもいいかもしれません。


素人でも材料が新鮮なら満足いくものができます

素人でも材料が新鮮なら満足いくものができます




レポーター「龍崎 節子」の最近の記事

「メキシコ」の他の記事

  • 69 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives