スイス

スイス:ベルン

ヴァルティ なぎさ

職業…主婦、日本語教師、マーケティング・通訳等のフリーランス
居住都市…ベルン(スイス)

前の月へ

2021.4

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ヨーロッパはだいぶ暖かくなってきましたが、皆さん、体調の方はいかがでしょうか。

あっ、風邪?! のどがイガイガ。
ハーブの国、スイスでは「リコラ」を筆頭に様々な喉飴があります。中でも私がお勧めするのは、写真ののど飴です。風邪の時だけでなく、声を使う仕事の方にもお勧めです!


固めのグミでノン・シュガー、写真のカシス味とエルダーフラワー味があります

固めのグミでノン・シュガー、写真のカシス味とエルダーフラワー味があります

ちょっと寒気が・・・
スイスでは風邪を引いたかな?と感じたら、取りあえず「熱いお風呂」に入ります。そんな時にお勧めなのが、100年以上も愛され続けている「De no Sol」。体を温め、発汗作用を促すハーブオイルです。これをお湯に入れ、入浴します。


ユーカリ、ローズマリー、楠などの精油が主成分。まさに森林浴をしているような香りです

ユーカリ、ローズマリー、楠などの精油が主成分。まさに森林浴をしているような香りです

お風呂から出たら、「お茶」!
スイスで「風邪気味なの」と言うと、「じゃ、お茶ね」と必ず言われます。逆に夕方の一杯!なんて時間にお茶を注文すると「風邪気味なの?」と言われるほど。紅茶はティーバックものばかりであまり戴けませんが、ハーブティーは非常に充実しています。風邪の時だけなく、不眠、便秘、疲労回復など症状に合わせてブレンドされているものもあり、日々の生活に浸透しています。


漢方同様、むやみに飲んでは危険なハーブティーもあります

漢方同様、むやみに飲んでは危険なハーブティーもあります

高熱が出たら・・・
日本ではおでこにペタっと貼るように、頭を冷やせと言われてきましたが、ここでは足を冷やせと言われます。靴下を脱ぎ、就寝時は足を布団から出して寝ます。高熱の場合は、水で薄めたお酢にタオルを浸し、そのタオルを足に巻いて寝ます!お酢の成分が熱を逃がす作用があるのだそうです。

お国変われば、風邪の対処法も様々ですね。
お体ご自愛ください。



レポーター「ヴァルティ なぎさ」の最近の記事

「スイス」の他の記事

  • 1685 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website