中国

中国:大連

竹岸 誠二(たけぎし せいじ)

職業…現地駐在員

居住都市…大連市(中国)

前の月へ

2021.4

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

大連から北京・天津への出張の際に「北京南駅」から「天津駅」まで、中国高速鉄道に乗車しましたので報告させていただきます。
まず、驚いたのが北京中心部から車で約30分のところにある高速鉄道の始発駅「北京南駅」の巨大さ。まるで飛行場のようです。


北京南駅の中の様子

北京南駅の中の様子

北京南駅でチケットを購入しましたが、6月1日から切符購入する際の「実名制」が導入されたことから、パスポートを提示の上チケットを購入。改札を通る時にも再度パスポートを提示するなど手続も飛行機並みです。


和諧号

和諧号

プラットホームに下り「和諧号」に乗車。座席も広めで飛行機よりも快適感があります。
「和諧号」は、定刻通り発車しました。中国に来てから飛行機の遅れに慣れているせいか「和諧号」の定刻通りの発車に少々戸惑いを感じました(特に最近、大連は初め雨・霧が多く飛行機の遅れが頻発しています)。車内誌に、「高姐」(高速鉄道の女性乗務員。因みにスチュワーデスは「空姐」です)の募集要項が出ておりましたが、身長165cm以上・大卒・英語および第二外国語も必要など採用条件は厳しいようです。


この日の高速鉄道の最高速度は、時速330km

この日の高速鉄道の最高速度は、時速330km

時速300kmを超えたあたりから、日本の新幹線には無い揺れがあり、隣に同乗している同僚もやや心配そうでしたが、発車から約35分で定刻通り天津駅に到着しました。

無事天津での用務も終了し、天津空港から大連へ戻る予定でしたが、飛行機が4時間も遅れ、それまで順調であった出張も最後につまづくこととなりました。今後、大連でもハルビンまで高速鉄道が開通する予定です。定刻通りに走る「高速鉄道」にも期待したいところです。



レポーター「竹岸 誠二」の最近の記事
  • 登録記事なし

「中国」の他の記事

  • 1388 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website