インド

インド:ニューデリー

パッハー眞理(まり)

職業…ジャーナリスト、ピアノ教師

居住都市…インド・デリー

前の月へ

2024.7

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

ここもオートリキシャーが市民の足です

ここもオートリキシャーが市民の足です

バンガロールとは「ゆでた豆」という意味があります。お腹をすかしていたホイサラ朝の王様を、この街のおばあさんが豆を作ってもてなしたのだそうです。



教会のあとはヒンドゥーの寺院ですか?

教会のあとはヒンドゥーの寺院ですか?

1831年には英国の行政拠点をバンガロールに移しました。

まだ下級の将校だったウィンストン・チャーチルはバンガロール・クラブにて借金をしていたらしく、現在でも13ルピー(約20円)ほど借用ノートに未払いだと書かれているのだそうです。


人だかりがすると思いきや、日曜マーケット?

人だかりがすると思いきや、日曜マーケット?

暫し英国の風に酔っていたら急にインドに激変!

日曜日の夕方なので、通りにはマーケットがたくさん出ています。


目もくらむような商品が多くて疲労感が増します

目もくらむような商品が多くて疲労感が増します

ここは人、また人ばかりで、商品を見る前にもう休憩したくなってしまいました。

新品のジーンズを無造作に道端に、つまり埃に上に広げている売り子を見ると、やれやれと、ため息が出そうです。


ヒンドゥー教徒がお供えをするための花が売られています

ヒンドゥー教徒がお供えをするための花が売られています

そんな埃に動じず、人々は一生懸命に服を見たり、テーブルクロスなども広げていたりしていました。


レポーター「パッハー眞理」の最近の記事

「インド」の他の記事

  • 1605 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website