シンガポール

シンガポール:シンガポール

松下未来 (まつした にこ)

職業…編集ライター
居住都市…シンガポール

前の月へ

2021.4

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブギスビレッジ周辺の露店

ブギスビレッジ周辺の露店

ドリアンの旬は5月から7月。この時期、シンガポールでは多くのドリアン露店が出現します。
道を歩いていて、あれ、く、臭い?と思うと、数メートル先にドリアン屋。この強烈な匂いは多くのドリアン愛好家たちを惹きつけます。しかしこの匂いのせいで、シンガポールでは公共の乗り物にドリアンを持ち込むことは、法律で禁じられています。


「うまいドリアン食べたいなら、今の時期を逃すな」とユーさん

「うまいドリアン食べたいなら、今の時期を逃すな」とユーさん

ドリアン専門店が立ち並ぶのはゲイラン、チャイナタウン、ブギスビレッジなど、シンガポールでもちょっとディープなエリアです。
ドリアン露店に勤めるユーさん。棘とげのドリアンをヒョイと持ち上げ、鮮やかな手つきで剥いていきます。手に染みついて取れない匂いは歯磨き粉で洗うといいのだとか。


格安の2ドル。まがい物に要注意!

格安の2ドル。まがい物に要注意!

特に美味しいと人気の「キャット・マウンテン(猫山王)」という品種をいただきました。クリームチーズがさらに濃厚になった味で、食べ続けたらクセになると評判の高級ドリアン。
ドリアン初心者の私は、、、クセになるにはまだまだ時間がかかりそうだと感じました。
しかし機内持ち込み禁止のドリアン、日本ではなかなかお目にかかれません。東南アジアにご旅行の際は、是非食していただきたいものです。




レポーター「松下 未来」の最近の記事

「シンガポール」の他の記事

  • 1669 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website