日本

日本:岡山県

田渕和恵(たぶちかずえ)

職業…フリーライター・教育関係
居住都市…岡山県新見市/フランス・リヨン市他

前の月へ

2017.12

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

私の部屋から眺める 干し柿のカーテン

私の部屋から眺める 干し柿のカーテン

 冬の楽しみといえば、たくさんのおいしい干し柿を作ること。うちの畑には、柿の木があることから、干し柿も自家製。干し柿にするため、皮むきの手伝いをしたところ、トロリととけそうな、いかにもおいしそうな柿を発見。
「おぉ。おいしそうに熟しているぞ!」と、そのままガブッ!!!

 一瞬、舌がびっくりし、味覚機能がまひ。シュワジュワーっと口に広がる、何にも例えがたい苦さ。まずいとか、渋いという表現を超えて、舌がびっくり。「ひょえぇーぇーー!!」(私の舌の声)。一瞬渋さにびっくりして、ひるんだ舌だったが、5秒後くらいにわれを取り戻し、ベロっと柿を吐き出した。


渋柿の皮をむき、干し柿へ 中にはおいしそうに見える渋柿も

渋柿の皮をむき、干し柿へ 中にはおいしそうに見える渋柿も

 食べ物を通した苦い経験で、はじめて得た知識。「干し柿にする渋柿は本気で苦く、全力で渋い」

 干し柿にする柿は、いつも食べている甘柿とは見た目も味も全然違う。甘柿が丸い形をしているのに対し、干し柿用の渋柿は、すこし先が細長い。ご存じの通り、干し柿は渋柿を乾燥させ、渋みをなくし、甘味が強くなった柿。その味わいも触感も甘柿とはまた異なる。いくら、熟し、甘そうに見えても、渋柿は渋柿。結論、上記の通り。得た知識のごとく。


こちらは甘柿。柿のお尻がとがっていないのが特徴

こちらは甘柿。柿のお尻がとがっていないのが特徴

 渋柿を「おいしそう!」と、食べた世間知らずな私…。いや、「渋柿」と、頭では分かっていたけど、トロンと熟した渋柿をみたら、味見せずにはいられなかった。そんな、食べ物・果物をめぐる苦い経験、あなたにもありませんか?

 冬の楽しみを味わうはずが、とんだ苦い経験になったとさ。


わが家は今日も柿日和

わが家は今日も柿日和



レポーター「田渕和恵」の最近の記事

「日本」の他の記事

  • 56 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website