チリ

チリ:サンティアゴ

鰐部マリエ(わにべまりえ)

職業…フリーランス・フォトライター
居住都市…チリ(サンティアゴ)

前の月へ

2018.11

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

引用元:http://www.lun.com/Pages/NewsDetail.aspx?dt=2018-10-26&PaginaId=24&bodyid=0

引用元:http://www.lun.com/Pages/NewsDetail.aspx?dt=2018-10-26&PaginaId=24&bodyid=0

 チリは来年3月から始まる新学期に向け、入学試験などがスタートしています。有名な私立大学「チリ・カトリック大学 (Universidad de Catolica)」の演劇学科で入学試験が始まりました。定員40人のところ志願者数400人で、かなりの競争率になっています。

 チリ・カトリック大学といえば、日本で言う慶応や早稲田といった私立大学と同じくらいチリではとても有名なので、この大学で勉強をしたい人が後を絶ちません。チリは意外にも学歴社会で、いい学校というのは競争率がとても高く、良い教育は一部の人たちしか受けることができないようになっていると感じます。

 私たち家族も、最近引っ越したこともあり、家の近くの学校を探そうと思い、小学校を何件か回りましたが、すでに来年の定員が満員に達している学校も多く、驚きました。それでも定員空きが出た時に連絡してもらえるよう連絡先を残すこともできるのですが、評判のいい学校というのは、定員空き待ちが47人もいるというのでさらに驚き、チリの学校教育の現状を実感したような感じでした。

 大学の競争率が高いというのは日本でも同じですが、公立の小学校も空きが無いところが多いというのには驚きました。私立の学校で入学させるのは、授業料も大変高く、月額約4、5万円という学校も普通なのだとか。チリの平均給料が約7万円なので、それと比べると私立学校の授業料の高さが浮き彫りです。

 サンティアゴは特に首都ということもあり、他のチリの都市に比べて競争率が高いかもしれませんが、チリのサンティアゴで生活をするというのはなかなか厳しい面もあります。






レポーター「鰐部マリエ」の最近の記事

「チリ」の他の記事

タグ:

  • 49 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website