日本

日本:岡山県

田渕和恵(たぶちかずえ)

職業…塾講師
居住都市…岡山県新見市/フランス・トゥルーズ市/ブルキナファソ・ワガドゥグ市他

前の月へ

2018.2

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    

 フランスはカフェ文化。夏、太陽の下、テラスでいただくカフェはとっても心地よい。

 ところがどっこい、現在、冬、フランスのお天気は不調。雨が降ったり、曇ったり。特に12月、クリスマスを過ごした北部や1月の首都パリのお天気は不調。なのに、カフェに入るとこの寒いのにテラス席を勧められる。意地悪でも差別でもない。敬意を込めてご親切にというわけだ。

 よほど雪が降ったり、大雨だったりして天候が悪い日でない限り、テラスを優先するフランス人友人たち…。「あのぉ…。寒いんですけど。風邪引くよ」

 冬の曇り空の下、いかなる時も、「テラスではなく、室内の奥の席がいい」と主張。フランス人友人たちは「なぜ、室内の奥の席がいいのか? 君って暗い!」と質問攻め。

 私は「なぜ、曇り空の日もあえて外を選んで、コーヒーを飲むの? 室内、特に奥の席の方が暖かいし落ち着くよ」と反論。冬のカフェの席をめぐる「室内/屋外論争」は、いつも平行線のまま。

 「外の方が、空気が新鮮で気持ちいい」という大多数の意見は、寒がりの私にとっては受け入れがたい…。冬の曇り空の下、カフェの席をめぐる論争は、今日も続くのであった。


この日は室内でゆったりカフェ

この日は室内でゆったりカフェ





レポーター「田渕和恵」の最近の記事

「日本」の他の記事

タグ:カフェ

  • 11 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website