チリ

チリ:サンティアゴ

鰐部マリエ(わにべまりえ)

職業…フリーランス・フォトライター
居住都市…チリ(サンティアゴ)

前の月へ

2018.7

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

ローマ法王が印刷された旗を売る人々

ローマ法王が印刷された旗を売る人々

1月16日にバチカンからローマ法王がチリに来ました。カトリック教徒の多いチリでは、ローマ法王は生き神様なような存在で、その姿を一目見ようと大勢の人が押し掛けました。

 法王が車で通過するすべての道には両サイドに警察官が10メートル間隔で立ち、サンティアゴの主要道路アラメダには大勢の警察官と機動隊が待ち構え、厳重な態勢で迎えました。


サンティアゴの主要道路アラメダに詰め掛けた大勢の人は興奮状態でした

サンティアゴの主要道路アラメダに詰め掛けた大勢の人は興奮状態でした

 私はカトリック教徒ではありませんが、人生に一度見られるかどうかのチャンスを逃してはいけないと思い、子ども2人を連れて法王を見に野次馬になって出掛けました。私が住んでいる家の近くの道を通り、主要道路アラメダまで出た私たちは、今か今かと大勢のチリ人たちに混じって法王の登場を待ちました。


「チリ中の警察官が集合しているのでは」と思うほど多くの警察官に驚きました

「チリ中の警察官が集合しているのでは」と思うほど多くの警察官に驚きました

 途中、法王が乗る車を追い掛けるライブ中継がテレビで放送され、大勢の人がスマホを片手に興奮しながらその様子を見ていました。法王の写真が印刷された旗を売るおじさんやおばさん、祈りの時に使うろうそくを売る人、なぜかエナジードリンクを売る人、どさくさに紛れて新年のパーティーで売れ残ったような大きな爆音が鳴るクラッカーを売っている人まで現れて、何だかよく分からないお祭り騒ぎでした。


 そんな感じで待っていると、誰かが携帯を片手に「もうすぐパパ(ローマ法王)が来るぞ!」と言い始め、みんなで携帯を構えながら法王が乗る車を逃してはいけないと、スマホを構え始めました。

 私もせっかく来たからには見逃したくないと集中しながら法王の車を探すと、テレビのニュースで見たことがあるあの姿のままニコニコ手を振りながら車に乗って通り過ぎていきました。わずか0・5秒ほどの出来事でしたが、大観衆に影響され、何だかものすごいことを経験した気分になりました。(笑)


 その後、法王はチリに数日滞在した後、他のラテン諸国へ移動しました。当日は祝日になったりと、何だか台風が来たかのようなお祭り騒ぎな一日でした。


レポーター「鰐部マリエ」の最近の記事

「チリ」の他の記事

タグ:

  • 81 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website