日本

日本:岡山県

田渕和恵(たぶちかずえ)

職業…塾講師
居住都市…岡山県新見市/フランス・トゥルーズ市/ブルキナファソ・ワガドゥグ市他

前の月へ

2018.4

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

ヘーゼルの瞳を持つ友人(一番手前)

ヘーゼルの瞳を持つ友人(一番手前)

元美術隊員の私。最近ちょっと気になる瞳の「色」の話。フランスではいろんな瞳の色をした人たちに出会う。一つの家族でも、兄弟の目の色が違うということもある。

 大みそかを一緒に過ごしたカミーユちゃんと、日本旅行を一緒に楽しんだフロ君の目の色はとてもきれい。茶色でもなく灰色でもない。緑色でもない。

 この日は4人でピクニックへ。太陽の光の下では、二人とも目の色が緑に見える。一方、車に戻って暗いところに入ると、明るい茶色と灰色が混ざったような色に見える。

 太陽の光によって、色が変わるという摩訶不思議な目の色。「あなたの瞳の色、何ていうの? 日本ではなかなか見かけない色なんだけど…」と二人に聞いたら、「興味ない。知らない。気にしたことない」とバッサリ…。

 ピクニック後、いろいろ調べてみたところ、どうやらヘーゼルというみたい(フランス語でノワゼット)。

 両親の瞳の色が異なる場合、青色と茶色の掛け合わせでヘーゼルの瞳の色が生まれるという。でも、時々、おじいちゃんやおばあちゃんの隔世遺伝でも、この色が誕生することもあるのだとか。

 いろんな国籍や人種が混じり合っている国では、この瞳の色もとりわけ珍しくないかもしれない。でも、私にとっては、茶色でもなく青でもなく、光によって変わるヘーゼルって、きれいな瞳の色だと思うんだけどなぁ…。






レポーター「田渕和恵」の最近の記事

「日本」の他の記事

タグ:

  • 29 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website