スイス

スイス:フリブール

小島 瑞生(こじま みずき)

職業…ファイナンス関連

居住都市…フリブール(スイス)

前の月へ

2018.8

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カエルだけではなく、レスキュー活動中の人も注意!の表示

カエルだけではなく、レスキュー活動中の人も注意!の表示

 3月に入ってからは、いよいよ日も長くなり、空気も何となく春の香りがするようになったなあ、と私の野性的鼻感覚が感じるようになった今日この頃。同時に道路で「カエル注意!」の看板を時々見掛けるようになりました。

 気候が良くなってくると、冬眠から覚めたカエルなど両生類が、産卵のため池や沼へと移動を始めるのですが、その際道路で自動車やバイクにひかれてしまう事故が多発。ドライバーに注意を喚起し、特に夜間や早朝は速度を時速30キロに落として走行するようにお願いするため、こうした「カエルに注意」の表示を掲げているそうです。


草地や溝からカエルが道路に飛び出さないよう、防止用フェンスも

草地や溝からカエルが道路に飛び出さないよう、防止用フェンスも

 特に希少なヒキガエルなどは、春先の交通事故で数が激減してしまい、絶滅の危機に遭いかねない状態とのこと。

 毎年3月始めぐらいの「カエル大移動」の時期になると、地元のボランティアが道路脇を布状のものでブロックし、人の手によって、道路を渡りたがっているカエルを、安全な場所へ移動させています。この有志の方々により、毎年2万匹以上のカエルがレスキューされるのだとか。

 ボランティアの皆さま、本当にお疲れさまです―。





レポーター「小島 瑞生」の最近の記事

「スイス」の他の記事

  • 93 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives