日本

日本:岡山県

田渕和恵(たぶちかずえ)

職業…塾講師
居住都市…岡山県新見市/フランス・トゥルーズ市/ブルキナファソ・ワガドゥグ市他

前の月へ

2018.4

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

とってもおいしいチョコレート屋さん

とってもおいしいチョコレート屋さん

「チョコレートを飲みに行きましょう」。ある週末の朝、日本語で友人からさらりと誘われました。

 彼女、日本文化を専攻された日本語ペラペラの友人。私との会話もほぼ日本語です。私のフランス語よりはずっと上手なのだけど、やっぱり時々間違いがある。

 さっそく彼女に「チョコレートは飲むじゃない、食べるだよ」と動詞の間違いを指摘。すると、彼女は「いいや、チョコレートは飲むものもある」というのだ。

 まぁいいやと彼女に連れられて行ったショコラティエ。まさに飲むチョコレート。フランス語では「ショコラ ショ」。

 店内に漂う、カカオの香り。ひと口飲んだ瞬間、チョコレートとスパイスが合わさって生まれる、なんとも濃厚な味わい。いやぁ、文章では表せない。

 彼女に連れられて行った「飲むチョコレート」がすっかり気に入った私は、
カフェでもバーでもレストランでも所構わず「ショコラショください」と
頼むことに。

 さて、ここからが本題。
 フランスでショコラショを飲みたいならば、本物のチョコレート屋さんに行くべし。「本物ショコラショ」「偽物ショコラショ」が同じ名前で売り出されているのです。そして、本物に当たる確率は7分の1。大抵は「偽物ショコラショ」ミロと牛乳を合わせたような、日本でもよく飲まれているココア。本物ショコラショを頼んだのに、偽物のホットココアかぁ…と何度も撃沈してきました。

 結果、分かったのは、チョコレート屋さんでショコラショを作る機械があるかないかを先に確認し、(ネットや電話でも確認可能)、本気で頼む。

 まだまだ寒い日が続きますからね。フランスにお越しの皆さん、ぜひ本物のショコラショをお試しあれ。


幸せのひととき。本物の「ショコラショ」

幸せのひととき。本物の「ショコラショ」





レポーター「田渕和恵」の最近の記事

「日本」の他の記事

  • 37 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website