台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2019.6

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

淡水会場より

淡水会場より

 あけましておめでとうございます。2019年もよろしくお願いいたします。

 毎年、台湾各地の年越しカウントダウンライブの様子をお伝えしてきましたが、今年は、愛用機のカメラの修理と予算の関係で、遠出はせず、年越しカウントダウンライブは淡水の海關碼頭で撮影しました。


深夜の淡水老街より

深夜の淡水老街より

 過去8回花火の写真をアップしてきましたが、今年は小規模の花火で終わっているのに加え、しっかり撮影できていないので、ありません。

 カウントダウンは1枚目の写真のような感じで行われましたが、それに合わせてシャンパンシャワーを行っていた来場者もいて、ステージと来場者が近い感じでした。


総統府前の凱達格蘭大道広場

総統府前の凱達格蘭大道広場

 終了後、自宅に戻り、1時間30分程度休んでから3:30ごろ総統府へ向かいました。  

 総統府では、1月1日の早朝は国旗掲揚式典が行われますが、それに先立ち、5:00から台北市立建國高級中學と台北市立第一女子高級中學の儀仗(ぎじょう)隊、マーチングバンド、カラーガードが公演を行い、新年の幕を開けました。


総統府入り口前の様子

総統府入り口前の様子

 国旗掲揚前は、三軍の儀仗隊によるファンシードリルが披露されました。高校生たちには絶対に出せない迫力は、遠くから見ていてもしっかり伝わってくるものでした。


今年もよろしくお願いします

今年もよろしくお願いします

 この後、一般開放を行っている台北賓館を訪れましたが、私同様待っていた人が10人ぐらいいました。過去に、元日の開放を行っているところで、総統府、行政院を紹介してきましたが、そちらはまた改めて紹介したいと思います。

 2019年、日本は平成が終わり、新たな時代の幕開けとなりそうです。台湾は、2020年1月の総統選挙に向け、大きく動きだす時期に入ります。

 國民党は、前新北市市長の朱立倫氏が出馬の意思を固め、準備に入ったという報道が出てきました。

 民進党は、党主席を辞任した蔡英文総統に代わる新たな党主席を選ぶ選挙を近日中に行うようです。

 皆さんは、どのような1年を迎えそうですか。皆さんにとっても充実した1年でありますように。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 174 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives