チリ

チリ:サンティアゴ

鰐部マリエ(わにべまりえ)

職業…フリーランス・フォトライター
居住都市…チリ(サンティアゴ)

前の月へ

2019.8

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

引用元:https://www.nytimes.com/es/2018/11/27/chile-asesinato-mapuche-catrillanca/   チリは年々モンテッソーリ教育への需要が高まり、私立のモンテッソーリの幼稚園が多く開園しています。

引用元:https://www.nytimes.com/es/2018/11/27/chile-asesinato-mapuche-catrillanca/ チリは年々モンテッソーリ教育への需要が高まり、私立のモンテッソーリの幼稚園が多く開園しています。

チリはただいま長いバケーション期間中です。3月の初めには学校が始まると聞いているのですが、娘が通う学校は未だ正確な日程が発表されておらず、「3月に入ってから学校へ来て掲示板を見て確認してください」というなかなかの適当な感じがいかにもチリらしいと逆に関心してしまいます。


12月下旬から始まった夏休み、始まりの頃は長いと思っていた期間も過ぎてしまえば本当に早いもので、もうあと少しで子供たちも現実の生活に戻っていきます。

さて、3月はついに次女もチリの現地の幼稚園へ通い始めます。さて、今回はチリの幼稚園について少しお話ししたいと思います。


チリの幼稚園には公立と私立とあり、公立は朝食、昼食、教材なども合わせて全て無料で朝8時から夕方3時~4時頃まで預かってもらえる場所が多くあります。私立の幼稚園は、それぞれの幼稚園によって時間もシステムもバラバラで、通常半日と全日と選ぶことが出来、値段もそれぞれ違ってきます。チリの学費はとても高く、半日で約25,000円~40,000円、全日で約30,000円~60,000円ほどもします。幼稚園によってかなり値段の差があります。


公立の幼稚園は審査が厳しく、政府から派遣された人が家へ訪問して、家の経済状況などの聞き取り調査をして厳しく審査していきます。チリは貧富の差も激しく、貧しい国からの移民も多い国なので、公立の幼稚園は常に空きがほとんどないような状態です。そんな背景なので、公立の幼稚園に空きがない場合は、なんとか高い教育費を支払うために仕事をしなくてはならない状況です。


チリで子育てをする身としては、年々深刻な問題になっているチリの教育事情なのでした。


レポーター「鰐部マリエ」の最近の記事

「チリ」の他の記事

タグ:

  • 158 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website