スイス

スイス:フリブール

小島 瑞生(こじま みずき)

職業…ファイナンス関連

居住都市…フリブール(スイス)

前の月へ

2019.7

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

元々上部には「Telephone(電話)」の文字があったのが、今は「Defibrillator(除細動器)」に。

元々上部には「Telephone(電話)」の文字があったのが、今は「Defibrillator(除細動器)」に。

 年々数が減っていく公衆電話。

 今は多くの人が携帯電話を持っていますから、公衆電話の出番が少なくなっているのは、日本のみならず世界中の現象なのでしょうね。

 公衆電話に反比例して、年々設置数が増えているのがAED。心不全などで突然倒れた人を救助するための救命装置です。AEDはAutomated External Defibrillator(オートメイテッド・エクスターナル・デフィブリレータ)の略で、実を言えば使い方をまだ知らない私なのですが、例えばもし道で倒れた人がいて、この装置についているパッドを胸部につけたら、装置が自動的にショックを与えるべきか否か判断してくれるそう。

 医療関係者ではなくても、私たち一般人が使いやすいようになっているのですね。


中をのぞいてみたら、ちゃんとAED装置がありました!

中をのぞいてみたら、ちゃんとAED装置がありました!

 日本を歩いていても、ヨーロッパの街を歩いていても、AEDの装置が入った収納箱が、町の学校や幼稚園、公民館など市民が利用する場所はもちろん、壁などに設置されていたりするのが、今や普通のこととなりました。

 さて、話を公衆電話に戻します。
先日、英国のお隣の国であるアイルランドの街をぶらぶら歩いていたら、時々見かけたのが「電話ボックス」に収納されたAED装置!

 電話ボックスが無駄にならないし、AED装置の場所もすぐに分かるので、緊急時にすぐ利用できそうだし――と感心な「再利用」方法だと思ったのでした。





レポーター「小島 瑞生」の最近の記事

「スイス」の他の記事

  • 109 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives