台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2019.10

次の月へ
S M T W T F S
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

一般組男子決勝の中國文化大學(以下、文化)VS國立政治大學(以下、政大)より

一般組男子決勝の中國文化大學(以下、文化)VS國立政治大學(以下、政大)より

 過去2回紹介していますが、4月上旬に設定される清明節の連休は大学サッカーのUFAの決勝が行われる時期です。
 女子は、国際大会の選手派遣の影響で4月下旬に別会場で開催されましたが、男子の各カテゴリーの決勝、公開第一級(日本でいう一部に相当)の3位決定戦が行われました。

 3年前に見た時も気になっていましたが、留学生の選手のエントリーが多く、他のスポーツとは違う雰囲気を漂わせています。この時はポツポツ程度でしたが、出場制限を設けていないこともあってか、今年見たら増加していて、日本人選手への名前の呼びかけが日本語の名前で行われてるくらいでした。

 今回は、その様子を紹介位していきます。


表彰式の様子

表彰式の様子

 まずは、4月6日に行われた2試合。
 
 スポーツ選抜と体育学部の選手で構成されていない一般組と公開第二部(日本でいう二部に相当)の決勝が行われました。

 一般組は文化VS政大でしたが、どちらも外国人選手に依存している感じ。プレーでもキレのある動きを見せていたのは、両チームとも外国人選手たちでした。
 
 試合は政大が1ー0で勝利。 
 敗れた文化の選手たちは、その場に倒れ込み、80分(注:一般組は全後半40分ずつの80分)、悔しさをにじませました。


公開第二級の決勝より

公開第二級の決勝より

 一般組の決勝の後で行われた公開第二級の決勝は、國立台湾師範大學(以下、台師大、青のユニホーム)VS中華大學(以下、中華、白のユニホーム)。


中華大學のチアリーディング部

中華大學のチアリーディング部

 台師大に3人、中華には1人いて、親近感を覚えそうになる試合でしたが、ワンサイドの展開になります。

 13分40秒に台師大先制してから、前半を3ー0で終え、後半も64分26秒(19分26秒)にセンターサークル近くからのフリーキックが直接ゴールに入るイケイケ状態。

 4ー0で台師大が勝利し、優勝を決めました。


応援に来た方に一礼

応援に来た方に一礼

 試合終了後、表彰式を終えてから、客席にいる学校関係者と見られる方々に一礼し、喜びを分かち合う姿が見られました。

 この翌日、公開第一級の3位決定戦と決勝が行われましたが、さらにびっくりする展開を迎えますが、その様子は次回にて。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 156 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives