台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2024.3

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

会場前の掲示板にあったポスター

会場前の掲示板にあったポスター

 昨年11月の統一地方選挙の結果を受け、蔡英文総統が民主進歩党(以下、民進党)の党主席を辞任しました。その後、党主席選挙を決める選挙が1月15日に行われ、頼清徳副総統が選出され、党主席に就任したのは、報道で知っている方も多いと思います。

 その前には、立候補した頼清徳副総統が台湾各地を周り、政見発表会を行いました。同時に、会場を党員だけでなく、一般の人にも開放し、党運営や選挙に関する意見を聞く時間を設けました。

 台北会場は、1月12日19時に劍潭青年活動中心で行われると聞いたので、様子を見てきました。


前の席の中央で着席する頼清徳副総統

前の席の中央で着席する頼清徳副総統

 19時開始ということでしたが、頼清徳副総統の到着が遅れたらしく、30分程度遅れでの開始となりました。

 まず、昨年の選挙で当選した台北市議会議員の出席者、次に台北市に関係がある立法委員が来場者にあいさつしました。

 その後は時間の許す限り、来場者から意見を聞く場となりました。


意見を述べる様子

意見を述べる様子

 そうすると、「我こそは!」と挙手をする人が多くいます。

 この時の進行役の蘇巧慧立法委員(注:新北市の選挙区です)は、偏らないよう座席の区分ごとにあてていたのですが、気合を入れて挙手をしてもあたらない人が「オレは長年の党員だぞ! 何で素通りするんだ!」と怒りをぶちまける人がいました。

 制限時間を無視して長々と話す人もいれば、単刀直入に言いたいことを言って手短に終わる人もいました。


前方の左端にいる女性に注目

前方の左端にいる女性に注目

 意見を聞いた後、前方に座る各立法委員がスピーチを行いましたが、こちらもヤジが飛び交う今までとは見たことがない様子になっていました。

 特に、上の写真で左端にいる高嘉瑜立法委員には、入場時から厳しいヤジが飛んでいて、スピーチが途中で打ち切られるまでになりました。

 原因をたどってみたら、選挙の前後に党の執行部や行政の上層部に批判的な発言を行っていたということでした。ヤジにとどまらず、参加者の意見の中にも、「(高嘉瑜ともう一人の台北市議会議員の)除名を要求する!」といったものがあり、民進党が選挙で痛手を被った原因の一つとして見て、厳しい声をあげていたようです。


最後はシュプレヒコールで締める

最後はシュプレヒコールで締める

 最後は、頼清徳副総統が党主席選挙の候補者(と言っても一人だけですが)として、演説を行いました。しかし、全編台湾語で内容はしっかり理解できず、大雑把になりますが、党内を落ち着かせ、来年控える総統選挙、立法委員選挙に向けて体制を整える、という話はしていました。

 頼副総統の演説中、罵声や怒号が飛び交った会場は静かになりました。

 私個人は、「あれだけ落ち着かない場を鎮めて、さすがだなぁ…」と思いながら様子を見ていましたが、来場者や会場に来ていない人々の本心はどこにあるでしょうか。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 564 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives