スイス

スイス:フリブール

小島 瑞生(こじま みずき)

職業…公務員
居住都市…フリブール(スイス)

前の月へ

2024.4

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

マイナウ島の入り口で花のアヒルがお出迎え

マイナウ島の入り口で花のアヒルがお出迎え

 スイスやオーストリア国境近くにある、ドイツ南西部のバーデン・ヴュルテンブルク州には、マイナウ島(Insel Mainau)という小島があります。

 コンスタンツ(Konstanz)という町の、ドイツ・スイス・オーストリアの国々にまたがっているボーデン湖(コンスタンツ湖)にマイナウ島はあるのですが、広さが45ヘクタールもあるのだとか。島には150年以上の歴史を持つ樹木園があったり、チューリップやシャクナゲ、薔薇、ダリアなど、季節ごとに様々な種類の花たちが園内で咲き誇っています。


マイナウ島のあるコンスタンツの町

マイナウ島のあるコンスタンツの町

 マイナウ島はもともと、スウェーデンにルーツを持ち、当時この島の持ち主であったベルナドッテ伯爵が、荒地だった状態から花と緑でいっぱいの島に変え、一般に公開を始めたのが始まりなのだそう。

 年間100万人以上もの観光客が訪れるそうで、マイナウ島を“花のディズニーランド”なんて呼ぶ人もいるほどです。

 マイナウ島まで橋を渡っていけるので、歩いても自転車でも、そしてフェリーでも行くことができます。


島内にある「イタリア式水の階段」

島内にある「イタリア式水の階段」

 入り口を通ってすぐ、巨大な花のオブジェに迎えられて歩いていくと、ポニーやヤギ、カモ、ハクチョウ、ウサギといった動物たちがいるエリアにたどり着きます。

 こういった動物たちに癒されつつ、ぶらぶらと花咲く島内を散策しているだけでも楽しいですが、レストランやカフェ、子ども向けの遊び場も充実しているので、ファミリーで島を訪れる人も多そうです。

 秋季はやや閑散とした感じにはなりますが、10月頃にはダリアが満開になったり、木々の紅葉がまた春・夏とは違った雰囲気を醸し出すので、この時期はこの時期の良さがあるように思います。


秋はカラフルなダリアで華やかに

秋はカラフルなダリアで華やかに

 この島には花や植物、動物たちだけではなく、1746年に完成したマイナウ宮殿や(Barockschloss)聖マリエン教会(Palace Church St.Marien)もあります。また島内では様々な催しも行われており、島の所有者ベルナドッテ家のルーツであるスウェーデン関連のイベントが多く開催され、人気があります。

 島内で人気の建物の一つである「シュメッタリングスハウス(Schmetterlingshaus)」にも行ってみました。意味は『蝶の館』で、その名の通りチョウたちの暮らす温室になっている建物です。

 温室内は熱帯雨林を模していて、カメラのレンズがあっという間に曇るほど湿気がありました。チョウたちだけではなく、オウムや文鳥といった鳥も一緒に暮らしており、内部もちょっとした迷路のようになっていて、なかなか楽しいです。


シュメッタリングスハウス(Schmetterlingshaus /蝶の館)外観

シュメッタリングスハウス(Schmetterlingshaus /蝶の館)外観

 夏季と秋季で楽しめる花々も違ってきますが、やはり春・夏の期間はより華やかな季節なので、この時期に来られるのがおススメです。

●マイナウ島(Insel Mainau)
・住所:78465 Insel Mainau, Deutschland
・メール:info(at)mainau.de
・開園時間:年中無休/時間は季節により変わります。ウェブサイトでご確認ください。
・入館料:季節により料金が変わります。ウェブサイトでご確認ください。
(オンラインで購入すると、窓口購入よりややお得になります)
・ウェブサイト:https://www.mainau.de/en/hours-admission.html(英語)


レポーター「小島 瑞生」の最近の記事

「スイス」の他の記事

  • 469 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives