中国

中国:北京

大山 実歩(おおやま みほ)

職業…広告会社勤務
居住都市…北京(中国)

前の月へ

2021.4

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

顔写真のついたお墓。字だけよりも親近感を感じます。

顔写真のついたお墓。字だけよりも親近感を感じます。

4月4日は清明節。昨年から祝日に制定されたので、4日から6日までは3連休です。


この日には、中国人はお墓参りをしたり、郊外へ遠足に行ったりします。遠足は「踏青」、お墓参りは「掃墓」と言います。「お墓を清め、祖先を供養する日」なので、北京の西郊外にある八宝山への道は、お墓参りに行く人で大混雑します。今年は40万人もの人出が予想され、バス路線も臨時便がたくさん運行するそうです。


門の写真。4日からの連休になったらここは大勢の人でいっぱいになります。

門の写真。4日からの連休になったらここは大勢の人でいっぱいになります。

八宝山の墓地は正式には「八宝山革命公墓」といい、火葬を推進するために1958年に開設された北京で一番大きな墓地です。北京市民の多くは、丘の上に建つ納骨堂「老山骨灰堂」を利用します。納骨堂では故人の写真をはめこんだ木箱に遺骨を納め、棚に安置します。墓地は西郊外に位置しているので、お墓参りに行くということが遠足みたいなものですね。


モクレンの花。北京の街のあちこちで花が咲き始めます。

モクレンの花。北京の街のあちこちで花が咲き始めます。

この時期になると、木々の芽が少しずつ膨らみ、日々緑が増え、桜やモクレン、レンギョウなどの花が咲き始めるので、長かった北京の冬がやっと終わったという気がします。部屋に閉じこもっているのももったいないので、この連休を利用してどこに行こうか、今いろいろ思案しているところです。



レポーター「大山 実歩」の最近の記事

「中国」の他の記事

  • 2376 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website