オランダ

オランダ:アムステルダム

カオル フリードリヒス

職業…フリーライター

居住都市…アムステルダム市(オランダ)

前の月へ

2018.4

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

これだけ用意すると、結構な出費に。

これだけ用意すると、結構な出費に。

学校で、クラスメートと一緒に朝食をとる・・・毎年3~4月になると、小学校の子どもたちにとって、とても楽しいイベントがあります。それは、『復活祭の朝ごはん』。一応、キリスト教国のオランダでは、復活祭(イースター)を祝う週の1日に、クラスメートと一緒に朝食をとるイベントを開催するのがしきたりです。


前日に用意しなくてはならない親も多いので、負担になることも・・。

前日に用意しなくてはならない親も多いので、負担になることも・・。

実はこのイベントは、40年位前までは存在しなかったそうです。復活祭というと、家族で祝うのみだったとか。


朝食のみならず、『復活祭のプレゼント』まで用意する?

朝食のみならず、『復活祭のプレゼント』まで用意する?

しかし今では、家族で祝う日以外にも、学校でこの復活祭を祝うことがしきたりのようになっているようです。キリスト教でなくても、家族が別の宗教を信じていても、朝食を一緒に食べるのです。


親の苦労?を知らずして、子どもたちはとても嬉しそう。

親の苦労?を知らずして、子どもたちはとても嬉しそう。

しかし、ただ朝食を用意して持参するだけではありません。実は親たちは、学校側からの依頼で、朝食の材料をそろえなくてはならないのです。もちろんこれは、自前。パンを大量に買いそろえたり、卵を茹でたり、卵型のチョコレートを飾ったり。親たちにとっては、かなりの負担になっているのも事実です。


中学生になったら、このしきたりも終わりに。

中学生になったら、このしきたりも終わりに。

しかし、このイベントも小学生のみが対象。親たちは、自分たちが用意した朝食を楽しむ子どもたちを眺めながら、『早く中学生にならないかなあ~』と思っている人も多いとか。しかし、そうなったらなったで、何となく残念に思う親もいるようですが・・・。


レポーター「カオル フリードリヒス」の最近の記事

「オランダ」の他の記事

  • 807 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website