日本

日本:千歳市

高橋 久美子(たかはし くみこ)

職業…専業主婦
居住都市…北海道千歳市

前の月へ

2018.6

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

1、2、3、F、5

1、2、3、F、5

アンニョンハセヨ(こんにちは)。こちら韓国、現在では漢字を使わないものの、もともとは日本と同じく言語に漢字の影響を多大に受けています。
そのため、日本で漢字を訓読みするときと、韓国語の漢字語発音はパターンが似ていることがよくあります。

例えば「美」という漢字は日本語の訓読みで「み」、韓国語でも「ミ」です。同じく日本語で「み」と読む「未」は、韓国でも「ミ」と読みます。
「私」という漢字はどうでしょうか。日本では「し」ですが、韓国語では「サ」です。そして同じく「し」と読む漢字の多くが、韓国語では「サ」となります。「師」「詞」「史」などです。そして「四」と「死」も「サ」と読みます。
(※「市」「氏」はこのパターンに当てはまらず、韓国語でも「シ」と読みます。)

そのため、日本と同じく「四」は「死」を連想させるとして、韓国でも部屋番号などでは避けられる場合があります。例えばホテルやアパートで4号室はとばされ、「3号室」の次が「5号室」になるといった風です。
先日乗ったビルのエレベーターも「四」を避けていたのでしょう。3階と5階の間が「F」と表示されていました。
こんなところでも、日韓の共通点を見つけ、なんだか不思議な気分でした。






レポーター「高橋 久美子」の最近の記事

「日本」の他の記事

タグ:四階,F

  • 319 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives