フランス

フランス:パリ

別紙 敦子(べっし あつこ)

氏名=別紙敦子
職業=観光業
居住都市=パリ(フランス)とバルセロナ(スペイン)年間1:2の割合で、行き来しています。

前の月へ

2018.10

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

エッフェル塔からイエナ橋を渡り左手にある。いつも回転している木馬

エッフェル塔からイエナ橋を渡り左手にある。いつも回転している木馬

 これからも「流行遅れ」と言われることはないであろう、パリで不動の人気を維持している「メリーゴーラウンド」。フランス語で「マネージュ」と言います。

 交通量の多い通りでも、舗道が広いと設置してあったり、地下鉄駅の出口横にあったりと、ちょっとしたスペースにあり、歩いていると頻繁に目にすることができて、楽しい気分にさせてくれます。


パリ9区の交差点中央にあった回転木馬

パリ9区の交差点中央にあった回転木馬

 ここは、何も特別な観光名所でもない地区ですが、ありました! 買い物で子どもを連れてきた帰り道、「良い子にしていたので乗ってもいいよ」と言って、お父さんが子どもを乗せていました。

 市民にとっては日常生活の一部になっているのが注目点です。子どもが一人でも、メリーゴーラウンドは回り始めます。


市庁舎前にふさわしい豪華な回転木馬

市庁舎前にふさわしい豪華な回転木馬

 市庁舎前広場に、市内で一番大きい、上階もある2段タイプの回転木馬があり、この街のシンボル的存在です。

 高いと言えば、サクレクール寺院のものは、街全体をパノラマで眺められ感激します。12月のクリスマス時期は無料! パリ市からの粋なプレゼントと言えますね。


地下鉄を出た広場に当然のごとく存在する

地下鉄を出た広場に当然のごとく存在する

 そんな人々のメリーゴーラウンドに対する思いが強いのも、そもそもフランスが発祥だからかもしれません。

 そして一番古いのが1879年からリュクサンブール公園にあるものです。有名なオペラ座を設計したシャール・ガルニエ氏によって動物たちはデザインされ、当時は手動。現在は、電動ですが、その頃のまま大切に維持した貴重なもの! パリに来た時は、ぜひ見て体験してもらいたいです。(あえて写真は載せません!!)



レポーター「別紙 敦子」の最近の記事

「フランス」の他の記事

  • 76 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website