メキシコ

メキシコ:グアダラハラ

龍崎 節子(りゅうざき せつこ)

職業…民芸品輸出、撮影コーディネート、通訳翻訳
居住都市…グアダラハラ(メキシコ・ハリスコ州)

前の月へ

2019.12

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

 メキシコの高等教育の最高峰「メキシコ国立自治大学(UNAMウナム)」に行く機会がありました。今回は建築物や壁画で有名な大学校舎よりもそこにある「生協」をご紹介します。


UNAM売店

UNAM売店

 日本の各大学生協と同じく、そこに通う学生、教職員、一般の人も利用できるUNAMの生協は巨大で、一般的なメキシコのスーパーマーケットと同じように1フロアに全てが並んでいます。衣類から日用雑貨、大学のロゴマーク入りオリジナル商品が展開され、UNAMと書いていなければどこのスーパーに来たかわからなくなるほど。



UNAMマークもそうでないものも

UNAMマークもそうでないものも

 野菜や果物、肉類などの生鮮食品も他の大型チェーンのスーパーに引けを取らない品揃えです。サラダや巻き寿司などのお弁当のような商品は店内で作られ、新鮮な状態で提供されています。学外の一般的なスーパーで扱っている商品よりも、少しお買い得なメーカーの品も多く、生活費を節約したい学生たちにはありがたいチョイスにもなっています。

 店舗の中は他のスーパーよりも清潔で整理整頓が保たれており、店員の数も多く、商品に対する質問にも親切に対応してくれます。同じ大学内で働く者、学ぶ者同士という仲間意識とでもいうのでしょうか、ほかのスーパーでは感じられない温かみもある、とのことです。


お肉の品揃えも一般スーパーと同じ

お肉の品揃えも一般スーパーと同じ

 大学の生協、なのに子供のおもちゃやペット用品、商品の実演販売もあったりと、至れり尽くせり。中でも人気なのは、大学所属のサッカーチームPUMASプーマスのマーク入り衣料品。赤ちゃん用からもれなく揃うので熱狂的なファンたちはここで調達して行くようです。
 
 毎日通う大学に、生活に必要なすべてが揃うお店があるのなら、こんなに便利なことはありません。



レポーター「龍崎 節子」の最近の記事

「メキシコ」の他の記事

  • 19 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives