オランダ

オランダ:アムステルダム

カオル フリードリヒス

職業…フリーライター

居住都市…アムステルダム市(オランダ)

前の月へ

2019.7

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

ロバと一緒に歩きながら、自然を満喫。(画像提供:ARWB)

ロバと一緒に歩きながら、自然を満喫。(画像提供:ARWB)

日本ではロバというと、動物園や遊園地などで見かけるほかは、あまり馴染みがない動物かもしれません。しかし、オランダでは、一般におとなしくて仕草ものんびりしており、「見ているだけで癒される動物」として、とても人気があるのです。特に南欧などでは、ロバは使役動物とされている印象もありますが、オランダやドイツなどでは、れっきとした『ペット』として万人に愛されているようです。


たとえば、坪数の多い家ならば、居間で家族らと一緒に、堂々とくつろぐ姿を目の当たりにすることもあるほど。オランダ人やドイツ人のロバ愛好家たちに聞いてみると、『少し大きなサイズだが、おとなしい犬みたいな感じ』とのことですから、もはやりっぱな愛玩動物といえるでしょう。


しかし、家の中を自由に歩き回るロバはちょっと遠慮したいところですが、愛すべきロバと一緒に優雅なひと時を過ごしたいという人々もたくさんいます。そんなロバを愛する人たちのために、数年前に登場したのが、ロバを提供する「貸しロバ業」です。実はこれがオランダの動物愛好家や小学生の子供を持つ家庭を中心に、静かなブームを呼んでいるのです。


リピーターも多い、人気レクリエーションになりつつある。

リピーターも多い、人気レクリエーションになりつつある。

これは、ロバを借りて、天気のいい日に、5キロ~8キロの自然あふれる森や林、野原などをロバと一緒にゆったりと歩くのがメインとなっているレクリエーション。週末や、夏休みなどであれば、希望により、ロバたちのオーナーが特別に契約する、こじんまりしたかわいらしいホテルに宿泊でき、特別な癒しの休日をロバと一緒に体験できるというわけです。


秋から冬にかけてオランダやドイツは、寒い日々が続くため、やはり気候がいい春から夏が書き入れ時となる、ロバによる癒されツアーですが、身近にある大自然の中でロバたちと一緒にゆったり歩くだけで、多くの人たちがストレスから解放され、貴重な体験ができることは請け合いのよう。動物愛好家のみならず、興味本位で体験した人たちも、このロバとの癒し時間を満喫することによって、大のロバファンになってしまうそうです。


レポーター「カオル フリードリヒス」の最近の記事

「オランダ」の他の記事

  • 101 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website