メキシコ

メキシコ:グアダラハラ

龍崎 節子(りゅうざき せつこ)

職業…民芸品輸出、撮影コーディネート、通訳翻訳
居住都市…グアダラハラ(メキシコ・ハリスコ州)

前の月へ

2021.1

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

 メキシコ第二の都市グアダラハラを擁するハリスコ州では28日、再度14日間の営業、外出を規制する「緊急ボタン」が押されました。各国で撮られている緊急事態宣言と同等とみなして良いと思います。

 ヨーロッパ各国で第一波を越える勢いの新型コロナウィルス 感染者数ですが、メキシコ国内でも感染者90万人、死者9万人を越え、一向に下火になる気配はありません。

 2回目の「緊急事態宣言」をとったヨーロッパと同じく、これから先の年末年始にむけて、今のうちに封じ込めたいのが政府の狙い。


物々しい「緊急ボタン」のウェブサイト

物々しい「緊急ボタン」のウェブサイト

 今年3月末、メキシコ政府の決断より数日早く「緊急事態宣言」をしたハリスコ州ですが、今回も国よりも一手二手先周りして封じ込め作戦に出ました。

 10月30日から11月13日までの14日間。夜7時から翌朝6時までの間、生活に直接必要とされない商業施設遊戯施設、飲食業などの営業停止、工場やオフィスなども操業停止。また、10名以上の集会や映画演劇などの文化活動なども、この期間は停止となります。

 バスや地下鉄などの公共交通機関なども、操業時間が制限されます。


OK(緑)NG(赤)でわかりやすい説明

OK(緑)NG(赤)でわかりやすい説明

 「ハリスコ州緊急ボタン」と名付けられたウェブサイトには、どの期間、どの時間、どういった場所が停止になるのか、かなりわかりやすく表示されています。
 ハリスコ州のアルファロ知事は、この日にかかわらず毎日のように記者会見と州民に対しての呼びかけを行っています。
 国より一歩先に出た2度目の緊急事態宣言。アルファロ知事のリーダーシップにより、次の14日間で封じ込めとなるためには一人ひとりの更なる協力が必要です。


アルファロ州知事のツイートより

アルファロ州知事のツイートより



レポーター「龍崎 節子」の最近の記事

「メキシコ」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives