メキシコ

メキシコ:グアダラハラ

龍崎 節子(りゅうざき せつこ)

職業…民芸品輸出、撮影コーディネート、通訳翻訳
居住都市…グアダラハラ(メキシコ・ハリスコ州)

前の月へ

2020.12

次の月へ
S M T W T F S
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

 10月30日から14日間の「2度目の緊急事態、自粛期間」に入ったメキシコのハリスコ州です。

 観光経済の要であるビーチリゾートを除いた州内では、週末は「金曜夜7時から月曜朝6時まで」の完全営業停止、経済活動停止措置が取られています。

 大型スーパーや一般商店ももちろん大変なのですが、一番大変なのは消費者でもあります。何しろ、食品などの買い物も「平日は夜7時まで」しかできなくなるからです。


お肉屋さんへの入店待ちの列

お肉屋さんへの入店待ちの列

 初日の金曜日。あと数時間で全店営業停止となる頃。市内の大型肉類専門スーパーの入り口には軽く100人の「入店待ち」の列ができていました。

 週末は家族揃って食事が恒例のメキシコ人。この自粛措置でレストランなどももちろん営業停止しているので、家族みんなの分がっつり買い物しなくてはいけません。しかも、その週末はハロウィンと週明けにはメキシコのお盆「死者の日」を控えています。家族みんなが揃ってのイベント、焼肉のために一品たりとも買いそびれてはいけません。そのためなら入店待ち100人でも待つのです。


大型スーパーにも閉店間際の入店待ちの列

大型スーパーにも閉店間際の入店待ちの列

 週も明けて、「死者の日」も終わり、落ち着くかと思ったら、やはり平日の閉店間際のスーパーの前でも入店待ちの列。

 今日はこのスーパーの特売日ですし、その上、毎週火曜日にすぐ近くで開催される生鮮食品の露天市もこの期間、開催中止になっているため、ダブルでこの日に集中します。

 私は6時少し前に入店したので列はできていませんでしたが、買い物を済ませて出てきた6時半にはこの長蛇の列。

 商店も営業規制で苦しい思いをし、消費者も時間制限で不便な思いをし。

ですが、それぞれが少しずつ我慢をすることで成り立つこの「14日間の2度目の緊急事態宣言」。しばらくの辛抱です。
 




レポーター「龍崎 節子」の最近の記事

「メキシコ」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives