メキシコ

メキシコ:グアダラハラ

龍崎 節子(りゅうざき せつこ)

職業…民芸品輸出、撮影コーディネート、通訳翻訳
居住都市…グアダラハラ(メキシコ・ハリスコ州)

前の月へ

2020.9

次の月へ
S M T W T F S
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

 メキシコ全土での外出自粛も三週間が経とうとしています。
 
 この間、緩やかではありますがしかし確実に感染者数は増えて、中規模地方都市などでもあれこれ規制が張られるようになりました。

 4月の2ー3週目はカトリックの宗教行事「セマナサンタ」とそれに続く「パスクア」があり、州政府や各自治体では「この自粛はバケーションではない」として、海岸付近の住民以外の立ち入り、流入を禁止しました。


ホームセンターでの入場制限

ホームセンターでの入場制限

 私の住む街の大きな収入源でもある民芸品の露天市も、しばらく開催中止。

 先日はメインストリートの大掛かりな消毒、清掃作業が行われ、感染防止に必死になっています。

 街の交通量、人通りは通常の1/5以下。
 グアダラハラ 市内に向かう幹線道路でも、渋滞も名物の追突事故すらありません。
 
 大型ホームセンターでは入場者数のコントロールのため、入り口に列ができています。

 銀行は、小さな支店は全て一時的に閉鎖し、大型の支店のみ営業。
 朝9時の開行前に着くとすでに100人ほどが並んでいます。 
 入場も、4人出たら4人入れる仕組み。付き添いは入行不可。


開行前で100人の列

開行前で100人の列

 銀行は、小さな支店は全て一時的に閉鎖し、大型の支店のみ営業。
 朝9時の開行前に着くとすでに100人ほどが並んでいます。 
 入場も、4人出たら4人入れる仕組み。付き添いは入行不可。

 メキシコに先立って大きな被害が出続けている各国の対応を手本に、メキシコもやれる限りの阻止をしようと踏ん張っています。




レポーター「龍崎 節子」の最近の記事

「メキシコ」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives