フランス

フランス:パリ

別紙 敦子(べっし あつこ)

氏名=別紙敦子
職業=観光業
居住都市=パリ(フランス)とバルセロナ(スペイン)年間1:2の割合で、行き来しています。

前の月へ

2020.9

次の月へ
S M T W T F S
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

普段は賑わっている街路に、鳩の姿しかなく荒涼としているゴチック地区遊歩道。

普段は賑わっている街路に、鳩の姿しかなく荒涼としているゴチック地区遊歩道。

 外出自粛から3週間経ち、スペイン首相は感染拡大が収まらないため、あと3週間(4月26日まで)、外出禁止制限を延長いたしました。

感染者数130.759名
死亡者数12.418名(死亡率9.5%!)

 4月1日だけで死亡者が950名という、耳目を驚かす数です。


スペイン国における死亡者数(グレー)感染者数(青)グラフ。 20minutosより

スペイン国における死亡者数(グレー)感染者数(青)グラフ。 20minutosより

 18歳以下は、原則外出禁止です。大人は食料買い出し、職場、病院に行くことが許されていますが、街全体は、経済は停止した様で、医療関係とはいえ、眼科、歯科などは殆ど営業しておりません。


地方別死亡者数、マドリッドとバルセロナに集中しています。20minutosより

地方別死亡者数、マドリッドとバルセロナに集中しています。20minutosより

 この新型肺炎以外の病気で手術を予定していた患者は、手術日が未定となり、今は、病院には近づかないほうが良いと忠告されます。

 追加の薬の処方は、診察無しで医者が直接薬局に連絡し、患者は保健カードを提示すると薬を受け取るようになりました。


 病院では、診察を受けた場合、診察室を一人の患者が立ち去る度にテーブル、イスなど消毒する徹底ぶりで、緊迫感が漂っていました。


毎日 ベランダに現れ、拍手をする市民が見えます。4月5日撮影。

毎日 ベランダに現れ、拍手をする市民が見えます。4月5日撮影。

 3月20日くらいから、毎日20時には、バルセロナ港に停泊する船が汽笛を鳴らし、人々は鍋や楽器、手を使って音を出し、コロナウイルスに対し、第一線で働く医者、看護師、警察官、食料品店などの人々に感謝の気持ちを表します。

 家の中で窓を閉めていても、その音は、大きく響き渡ってきます。

 まるで 外出できない市民が 心一つにして、がんばろう!乗り切ろう!と言っているようです。



レポーター「別紙 敦子」の最近の記事

「フランス」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives