メキシコ

メキシコ:グアダラハラ

龍崎 節子(りゅうざき せつこ)

職業…民芸品輸出、撮影コーディネート、通訳翻訳
居住都市…グアダラハラ(メキシコ・ハリスコ州)

前の月へ

2020.9

次の月へ
S M T W T F S
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

 市内の飲食店も各店工夫を凝らして営業を続けています。

 2年ほど前から街で多く見かけるようになった宅配専門サービスのバイクや自転車も数多く見かけるようになり、飲食店も配達や持ち帰りを主に提供しています。


 先日、随分久しぶりに知り合いの中華料理屋さんで食事をする機会がありました。

 日本や世界各国と同様、入り口で靴の裏の消毒、手に除菌ジェル、検温をして入店。メニューも一回ごとに使い捨てなのか紙に印刷されたモノで、かなりメニューも限定されています。


 持ち帰り注文の専用コーナーもあり、店内で飲食しているグループは通常20組ほどなのですが、その日は私たちを含め4組。テーブルは以前と同じ配置ですが、間隔を空けて座るように指示がありました。

 それまで使用していた食器ではなく、紙皿、紙コップ、使い捨てのスプーンとフォークが出されます。いつもテーブルの上にあった唐辛子入りの醤油やレモンは、新しい客が来るごとに小さな使い捨てカップに入って供されます。


使い捨ての食器で提供されるレストランの食事

使い捨ての食器で提供されるレストランの食事

 どの業種も「新しい生活、営業の仕方」を工夫して取り入れ、安全清潔を第一にしながらも生き延びるのに必死な様子が見えてきます。



レポーター「龍崎 節子」の最近の記事

「メキシコ」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives