スイス

スイス:フリブール

小島 瑞生(こじま みずき)

職業…公務員
居住都市…フリブール(スイス)

前の月へ

2021.4

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

クリスマスが終わると、町はセール品を求める人々で賑わいます

クリスマスが終わると、町はセール品を求める人々で賑わいます

 明けましておめでとうございます。

 去年は世界規模で、新型コロナの脅威に脅かされ、生活の中で色々と振り回される1年となりました。スイスの人々にとって、一番のイベントであるクリスマスも、感染が広がる中、ほとんどすべての飲食業を営業停止にしたり、屋内で10人を超えて集まってはいけないという規則の下、家族や親戚、近しい人たちと年末年始を過ごすこととなりました。


人気スキーリゾート地の一つ、ベルン州グリンデルワルド(Grindelwald)

人気スキーリゾート地の一つ、ベルン州グリンデルワルド(Grindelwald)

 クリスマスの期間、クリスマスマーケットやクリスマス関連イベントが縮小、中止となった中、スイス政府が許可したものに、スキー場の営業があります。そのため、スキー場の閉鎖を決めた周りの国々から非難を浴びる場面もありました。

 スイス政府も「クリスマス期間中に、スイスへスキー休暇へ来ないでほしい」といった趣旨のことを言っていましたが、例年に比べれば多くなかったとはいえ、英国やドイツ、ベルギー、フランスなど欧州の国々からスイスへスキー休暇へ訪れる人々が散見されました。

 隣の州のスキー場を通りかかった時、バスにぎゅうぎゅう詰めの人たちが、最寄り駅からスキー場まで行く様子を見かけたのですが、それを見ると「密だなあ、クラスターにならないのかな」と怖く感じました。


夜7時を過ぎれば、通りに人の姿は見えず、ひっそりとした雰囲気に

夜7時を過ぎれば、通りに人の姿は見えず、ひっそりとした雰囲気に

 休暇期間、新型コロナに関する国境管理が厳しくなり、そのためスイス国内のホテルに滞在して、ホリデーを楽しむ人が今年は多かったよう。特にスキー場近くのホテルでは、オンラインチェックインを推奨したり、宿泊客でも、人数規制のためホテル内レストランが利用できなかったりと、ややカオスな状況だったそう。

 とはいえ、レストランやカフェ、バーなどが軒並み閉店している状態だったので、スキー場での「アフタースキー(アプレスキー)」による、集団感染の話をほとんど聞かなかったので、ホッとしました。

 クリスマスや年末年始は、皆でレストランやバーへ行って飲んだり食べたりするシーンが多いですが、今回はそれがなかったので、夜7時を過ぎると、町はゴーストタウンのようにひっそりと静まり返っていました。


書き入れ時の年末年始ですが、飲食業は営業停止に

書き入れ時の年末年始ですが、飲食業は営業停止に

 クリスマスの後の大きなイベントは大みそか

 この日は友人や近所の人たちと、一緒にカウントダウンパーティを楽しんだり、花火を上げたりと大盛り上がりになる日ですが、大勢での集いは禁止されました。クラスターを引き起こしかねない花火の打ち上げもNGでした。しかし実際は、各地で花火を打ち上げている輩は多く、午前1時ごろまで「パーン、パーン!」という花火の音が響いていたようでした。

 その他、各地では大晦日の晩に、若者たちがこっそりと数百人規模でのパーティを催していて、警察が取り締まった、なんてニュースを翌日見かけたりしましたが、それを除けば平和的な、スイスの年末年始であったように思います。



レポーター「小島 瑞生」の最近の記事

「スイス」の他の記事

  • 223 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives