オランダ

オランダ:アムステルダム

フリードリヒス カオル

職業…フリーライター

居住都市…アムステルダム市(オランダ)

前の月へ

2023.1

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

まだ紅葉も始まっていないのに…

まだ紅葉も始まっていないのに…

 9月18日の日曜日。普段であれば、子供たちは外で遊び、大人たちは初秋の日差しをカフェや散歩で楽しむ週末の1日になるはずでしたが、なんと記録的な寒さをむかえることとなってしまいました。


寒いと思ったら13度ちょっとしかなかった…

寒いと思ったら13度ちょっとしかなかった…

 オランダの中央に位置する都市、ユトレヒト近郊には気象観測所があります。デ・ビルト気象観測所と呼ばれるここでは、毎日の気温や天気が観測されるのですが、18日の最高気温は、なんと、摂氏13・3 度でした。


 これとほぼ同じ低気温だったのは今から60年前以上も前のことですが、そのときは13・5度。主要な天気予報番組の報道によると、今回のような「稀な低温記録」というのは、高温に関するそれよりもさらに稀だそうです。


このような秋の景色はまだ見られないが…

このような秋の景色はまだ見られないが…

 気象庁によれば、今秋末週末にはまた、初夏の陽気が戻ってくると予想されていますが、それにしても今年は秋を通り越してすでに冬の雰囲気です。長期天気予報によれば、冬(11月、12月から2月まで)は暖冬だとか。
ガス代の高騰が激しく、普段の2、3倍にも上昇しているため、これから冬を迎えるにあたってどうしようか?と悩んでいた国民にとっては少しほっとできる予想になりました。


 ガス代が高いので暖房を控えなければならない今年の冬、今から湯たんぽや厚手の靴下、パジャマなどの売れ行きがいいそうです。日本の冬と違い、オランダでは雪もあまり降らず、雨の日も多く暗く長いので、人びとの心もふさぎがちになります。今から、デパートなどではクリスマス用品などを用意し、明るい雰囲気を打ち出しているのもうなずける気がします。


レポーター「フリードリヒス カオル」の最近の記事

「オランダ」の他の記事

  • 178 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives