ブラジル

ブラジル:サンパウロ

日下野 良武(くさかの よしたけ)

◎職業;ジャーナリスト、ブラジル文化研究家
◎居住都市;サンパウロ市(ブラジル国)

前の月へ

2024.3

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

 ウェブサイトで調べたら2月5日の帯広市の気温は最低が氷点下13・3度、最高は氷点下4・6度とあった。体験したことがない厳寒を想像しながら思わず身が引き締まる。地球の反対側に住む人にはまず体感できない寒さ。サンパウロは今、夏真っ盛りだ。


 筆者は生後25歳まで熊本市で暮らした。その後、仕事の関係で東京に住み、38歳で縁あってブラジルの日本語新聞社に勤務。退職後は十勝毎日新聞社の国際通信員になり不定期ながら今日まで送稿が続く。

 コロナ禍以前にはほぼ毎年日本を訪問、帯広へも足を運んでいる。しかし、南国育ちの身には氷点下10度前後の気温を体験したことがなく、聞いただけで体が凍りそうだった。また、真夏は30度以上になる蒸し暑い東京や熊本訪問を避け、寒さ厳しい北海道旅行も春か秋にしていた。


 日本とブラジルはお互いにほぼ地球の反対側で南・北半球の対極に位置する。現在、80歳の筆者は約40年間サンパウロ市で暮らす。海抜600メートル前後の高原気候でカラッとした20~25度の気候だ。拙宅の寒暖計を見ると現在、午前10時が25度で夜も15度~20度ぐらい。軽装で一日を過ごせる。おかげで衣類も一年を通じて春秋用で何とかなる。


 ただ、アルゼンチンに近い最南部のリオ・グランデ・ド・スール州では8月前後に雪の舞い散る日も珍しくない。ブラジルでは南へ行けば行くほど寒くなるのだ。何でも反対現象が多い日本とブラジルである。


 最後に、私が見聞きした両国の逆事象を列記してみたい。ご参考になれば幸い。(1)12時間の時差で両国は昼夜が真逆(2)季節も反対(3)車の通行とハンドル(4)鋸(のこ)を日本人は引くがブラジル人は押して切る(5)日本の住居は南向き、ブラジルは北向きに建築(6)日本人夫婦の共用財布は大方奥さんが持つが、当地のカップルは逆(無駄遣いを心配してか?)…。


レポーター「日下野 良武」の最近の記事

「ブラジル」の他の記事

タグ:

  • 528 ビュー
  • 2 コメント

2 - Comments

Luciaより:

2023 年 11 月 06 日 02:29:19

Japão e Brasil são diferentes em diversos aspectos. Uma vez li a seguinte pergunta: O que aconteceria se trocasse a população dos dois países? Se colocasse toda a população do Japão no Brasil, e colocasse toda a população do Brasil no Japão, o que aconteceria no prazo de 10 a 20 anos? Você consegue imaginar?

Luciaより:

2023 年 11 月 06 日 02:34:15

日本とブラジルはいくつかの点で異なります。以前、次のような質問を読んだことがあります。「両国の人口が入れ替わったらどうなるでしょうか?」日本の全人口をブラジルに配置し、ブラジルの全人口を日本に配置した場合、10 ? 20 年以内に何が起こるでしょうか?想像できますか?

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives