スイス

スイス:フリブール

小島 瑞生(こじま みずき)

職業…公務員
居住都市…フリブール(スイス)

前の月へ

2024.5

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スイスでも人気の観光地、『メゾン・カイエ』

スイスでも人気の観光地、『メゾン・カイエ』

 新年になったと思えばバレンタインデー、そしてそれが終わったと思ったら、今度は春の復活祭(イースター)の季節となりました。今年の復活祭は3月31日。

 復活祭はイエス=キリストが亡くなって3日目に復活したのを祝う日で、『復活の象徴』をあらわす卵やウサギ、ヒヨコをかたどったお菓子や玩具が、パステルカラーいっぱいにスーパーなどで販売されています。


カイエチョコレートが購入できる店内

カイエチョコレートが購入できる店内

 そんな時期、スイスのショコラトリー(チョコレート専門店)に行くと大変です。可愛らしくて美味しそうな復活祭向けチョコレートが「これでもか!」とばかりに棚いっぱいに並び、必要以上の量を衝動買いしたくなってしまいます(苦笑)。

 先日所用で、筆者が暮らすフリブール州にある『メゾン・カイエ(Maison Cailler)』のショップへ行ったら、多くの観光客でにぎわっていました。

 新型コロナの時期は閑古鳥が鳴いており、寂しい雰囲気だったのを覚えています。日本語も良く耳にしたので、日本から訪れている観光客の方たちも多そうでした。チョコレートミュージアムが人気で、日本語でも対応しているそうです。


新しくできたヴィラールの店

新しくできたヴィラールの店

 さらにフリブール州には、他にも『ヴィラール(Villars)』という老舗ショコラトリ―があります。
 日本ではあまり知られていませんが、近年は輸入食材店などで見かけることも増えてきました。

 ヴィラールの店&カフェは歴史ある工場の建物の一角にあるのですが、2022年12月に新しく2つ目の店がオープンしました。『ラ・ファブリック・ヴィラール(La Fabrik Villars)という名前の新しい建物で、内部は広々としてきれいです。


店内は広々としていました

店内は広々としていました

 商品も見やすく陳列され、味見ができる商品があるのも嬉しいと思いました。ここにもイースターのチョコレートが多くあり、目移りしてどれを買うか迷いました。

 ちょっとしたミュージアムのような展示物も少しあり、なかなか興味深かったです。コーヒータイムを楽しめるスペースもあったので、機会があれば友人たちと立ち寄りたくなるようなお店でした。


復活祭向けの商品がたくさん。ヒヨコやウサギ、卵の形が可愛いです

復活祭向けの商品がたくさん。ヒヨコやウサギ、卵の形が可愛いです

 こうして早くも春を感じて帰宅したのですが、スイスでも積雪量は年々減っており、一番寒い2月でも雪ではなく雨が降る日が増えています。

 冬が過ごしやすいのはありがたいと思う反面、加速していく地球の温暖化に危機感を抱く毎日です。


レポーター「小島 瑞生」の最近の記事

「スイス」の他の記事

  • 214 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives