西川 桂子

 新型コロナの感染状況が落ち着き始め、カナダでも経済活動が部分的に再開しています。  カナダに暮らしていて、今回、個人的に驚いたのは、コロナ感染が東のオンタリオ州とケベック州に集中していたことです。カナダの大都市といえば、トロント、モントリオール、バンクーバー、そして冬季五輪があったカルガリー ..

  • 11 ビュー
  • 0 コメント
小島 瑞生

 新型コロナの影響で、外出自粛規制が出てから約2か月もの間、スイスでも制限された生活が続きましたが、5月半ばからほとんどの店やレストランが営業再開、学校も様子を見ながら通学が始まり、さらに6月初旬からは、遊園地や博物館、スイミングプール、キャンプ場なども営業再開――と、新型コロナ感染流行前の生活にか ..

  • 24 ビュー
  • 0 コメント
大浦 智子

 サンパウロでは6月11日からショッピングセンターなどへの営業自粛が緩和されました。その営業時間は1日限定4時間。午前中なら午前6時から10時まで、午後なら午後4時から8時までです。  ショッピングセンターの再開により、市内のショッピングセンターでは特に若いカップルを中心に店内で手をつないで散 ..

  • 15 ビュー
  • 0 コメント
小川 聖市

 日本でも大きく報じられてきていますが、6月6日に高雄市の韓國瑜市長のリコールに関する住民投票が行われ、賛成が93万9090票と最低条件の57万4996票を大きく超える票を獲得し、リコールが成立しました。  住民投票によるリコール請求が成立したのは初めてで、韓國瑜市長は6月11日付で解職されま ..

  • 1986 ビュー
  • 0 コメント
大浦 智子

 コロナウイルスによる仕事への制限により、失業者が増えているサンパウロ。3月に外出自粛が始まってからこの三カ月で家族が食べる食料も購入できない人々が続出しています。  ブラジル政府は緊急援助金の支給を始めましたが、必要とする人すべてに行きわたらず、その様な人々を救うためにもっとも力を発揮してい ..

タグ:ブラジル

  • 63 ビュー
  • 0 コメント
大浦 智子

 米国でのアフリカ系アメリカ人ジョージ・フロイドさんの暴行死に抗議する行動はブラジルでもニュースになりました。フロイドさんの事件の前、サンパウロ市内では5月17日に、難民や移民がコロナウイルスの影響による政府の緊急支援金を受け取ることへの外国人嫌悪が原因で、アンゴラ人男性が殺害される事件がニュースに ..

  • 40 ビュー
  • 0 コメント
山本 グィスラソン 由佳

 スウェーデンのナショナルデーは6月6日です。  例年であれば、国旗を掲げられた市街地や博物館などの周辺に人々が集まり、国旗を手に持ったり顔にペイントしたファミリー連れなどで賑わうところですが、今年はご存知の通り、コロナのため例年の人混みは見られません。  スウェーデンでは、50人以上の ..

  • 24 ビュー
  • 0 コメント
日下野 良武

 5月初めからブラジルでは明るい話題の報道が消え、テレビをつければ新型コロナウイルス関連のニュースばかりだ。5月末現在のブラジル全国の死者数は合計3万人を超え、感染者は53万人を突破した。そのうち、サンパウロ州内の死者は約5000人に達している。 ..

  • 35 ビュー
  • 0 コメント
西川 桂子

 新型コロナ肺炎感染の拡大を防ぐため、カナダとアメリカの国境は、物資等の輸送や自国民の帰国などの特別なケースを除き、3月から通行禁止になっています。  そんな中でアメリカに行ってきました……。  これにはトリックがあります。 ..

  • 40 ビュー
  • 0 コメント
別紙 敦子

 「最近、家にいることが多く日光に当たることが少なかったでしょ? せめて太陽をいっぱい浴びたオリーブオイルを摂るのよ!」と、外出禁止以降会っていなかったスペイン人の友人に、 ドン! とオリーブオイルをプレゼントされました。 何だか、納得させられる言葉に、頂いたボトルを握っているだけで元気が出 ..

  • 31 ビュー
  • 0 コメント