中国

中国:北京

加藤 博文(かとう ひろふみ)

職業…中国駐在12年の会社員
居住都市…東京都(日本)

前の月へ

2021.4

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

北京の春の風物詩に柳の種子が綿毛に包まり飛び舞う「柳絮(りゅうじょ)」があります。


 湖畔に柳の枝がたなびく姿は、いかにも中国的風景といえますが、北京に限らず中国各地に柳の数は多く、春の暖かい時期になると柳が満を持して柳絮を飛散させます。多いときにはまるで雪が舞っているように街中を漂い、その風情はなんとも言えず、好きな人も多いようです。
 舞い散ったあとは地面に着地するため、掃除する必要があります。柳絮は火をつけると簡単に燃え上がるため、集めて火を付けて焼却処理をしている人もいますが、やはり危険なので、ごみとして捨てるほうが無難でしょう。





レポーター「加藤 博文」の最近の記事

「中国」の他の記事

  • 2509 ビュー
  • 1 コメント

1 - Comments

林浩史より:

2009 年 04 月 01 日 19:01:13

加藤様。始めまして。勝毎副社長兼HP管理責任者の林です。早速の寄稿ありがとうございます。2006年に日本青年会議所と言う団体の中国担当委員長をしたのですが、北京の中華全国青年連合会とやり取りをしました。その関係で都合10回以上北京へ訪問しました。歴史、建物、食、人、、、何をとっても奥深くすごい魅力があります。何度行ってもあきません。ぜひとも色々紹介ください。これからよろしくお願いします。

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website