日本

日本:大阪市

福冨 亮子(ふくとみ りょうこ)

職業…WEBコンテンツ制作会社 有限会社アイシス 取締役副社長、ネットピアノレッスンシステム かがわりょうこバーチャルピアノ教室主宰
居住都市…大阪市(日本)

前の月へ

2021.4

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

天神祭りの宵宵宮である23日、毎年恒例の「ギャル神輿」が登場し、
いよいよ天神祭りが始まるぞと、祭り気分が一気に加速しました。

200kgにも及ぶ神輿を担ぐために、二つで70kgの俵を担いで3回屈伸できることが最低条件という体育会系のノリの選考会で選ばれた16歳から39歳までのギャル(?)79名が
天神橋筋商店街4丁目を基点にし総距離約4kmを練り歩きました。

神輿は1号、2号とあり、それらを「わっしょい!わっしょい!」と威勢よく担ぎ上げる
ギャル達の周りには、見物客のほかにテレビ局を始め、多くのにわかカメラマン(私も含む)が囲み、それらが大きな群れとなって商店街を移動します。


休むことなく声をあげながら神輿を担ぐギャル達に感心!

休むことなく声をあげながら神輿を担ぐギャル達に感心!

赤白の法被に鉢巻姿のギャルたちは、目いっぱいの声と笑顔を辺りに振り撒き、不景気なんてどこ吹く風と言った明るく元気なエネルギーをみんなに与えてくれていました。

さあ、明日からが天神祭りの本番です。
「いくら梅雨が長引いても天神さんの日は必ず晴れる」というジンクスはずっとずっと守られてきました。
さて、今年はどうでしょう!


やっぱり女子が多いと華やかです!

やっぱり女子が多いと華やかです!




レポーター「福冨 亮子」の最近の記事

「日本」の他の記事

  • 2530 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website