アイスランド

アイスランド:レイキャヴィク

佐竹 悦子(さたけ えつこ)

職業…主婦
居住都市…レイキャヴィク (アイスランド)

前の月へ

2021.4

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

薬局のマーク、直訳すれば「薬と健康」

薬局のマーク、直訳すれば「薬と健康」

アイスランドで風邪を引いたとき、どうするか?
日本人だったら、それほど酷くなければ、市販の「風邪薬」を飲みますよね。
この「風邪薬」はアイスランドでは売っていません。


ショッピングモール内にある薬局(奥にカウンターが見えます)

ショッピングモール内にある薬局(奥にカウンターが見えます)

基本的にアジア人は西洋人より体温が低いのをご存知でしょうか。
日本人がこちらで病院へ行って37.9℃の熱が出ているのに、薬を処方してもらえなかったという話があります。
ドクターに「38℃以上」で薬を処方すると言われたとか。
こちらでは37℃台はまだ微熱という見解のようです。
病院へ行かないアイスランド人はどうするかというと、彼らは頭が痛ければイブプロフェン(鎮痛剤)を飲み、あとは基本的に寝て治すようです。


イブプロフェンの一回の摂取量も日本より随分多いという話です。 (右が400mg左が600mg)

イブプロフェンの一回の摂取量も日本より随分多いという話です。 (右が400mg左が600mg)

私は市販されている鼻スプレーは苦手で、日本の風邪薬がなければ長引いて鼻水も血になり、「こんな、地球の裏側で死んじゃうんだー!(←失礼ですよね)」と、非常にネガティブ思考になってしまうので、日本の風邪薬は必需品です。


薬・処方箋・箱(右から)処方されて余ったものは薬局に返却します

薬・処方箋・箱(右から)処方されて余ったものは薬局に返却します

ちなみにお医者さんに会うときは必ず予約してからです。
日本のように取り敢えず行けば診てもらえるって、素晴らしいと思います。
すみません、日本賞賛になってしまいました。



レポーター「佐竹 悦子」の最近の記事

「アイスランド」の他の記事

  • 1813 ビュー
  • 1 コメント

1 - Comments

百枝より:

2010 年 09 月 30 日 11:32:05

アジア人って体温が低いのですね〜。

最近微熱を出すことが多いのですが、
欧米人だったら平熱なのかもしれませんね。

考え方を少し変えてみます。

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website