カナダ

カナダ:バンクーバー

西川 桂子(にしかわ けいこ)

職業…翻訳者、ライター、記者
居住都市…バンクーバー(カナダ)

前の月へ

2018.1

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

真田紐を扱う店

真田紐を扱う店

今回はカナダの話ではありません。父の介護問題で日本に帰国していた際、友人と訪れた九度山について書きたいと思います。

九度山といえば、父、正幸とともに真田信繁(幸村)が蟄居させられた場所。真田丸効果で、日曜に訪れたこともあり、かなりの混雑でした。


真田庵。土塀がいい雰囲気

真田庵。土塀がいい雰囲気

真田正幸、信繁父子の屋敷跡に建てられた寺が、善名称院。通称名の真田庵のほうが有名なようです。

ものすごい人混みだったので、こちらは写真撮影だけで済ましてしまいました。


世界遺産の慈尊院

世界遺産の慈尊院

私たちのお目当てはこの慈尊院。弘法大師、空海のお母さまのお寺で、世界遺産だそうですが、なんと拝観料なし。落ち着いた佇まいで、癒されました。


びっくりした乳房型絵馬

びっくりした乳房型絵馬

子宝、安産、育児、授乳、病気平癒を願う「乳房型絵馬」だそうですが、乳がんの治癒について書いている人が多かったです。


九度山でもう一つ有名なのが柿

九度山でもう一つ有名なのが柿

柿が美味しいので有名だとかで、こんな吊るし柿も見かけました。

ほかにも旧萱野家(大石順教尼の記念館)。大石順教尼は知らなかったのですが、若くして両腕を失いながらも、口に筆をとって優れた芸術作品を遺した人物だそうです。

11歳で京舞の名取りとなるなど、才能のある人だったのに、養父が「堀江六人切り事件」を起こし、五人を惨殺、彼女一人が生き残りました。その大石順教尼の書画や愛用品が展示されていて、生涯に関するビデオを観た後、スタッフが建物内を案内してくれました。写真は撮らなかったのですが、筆を口にとって描いたとは思えない緻密さに感動しました。

九度山は派手さはなかったものの、雰囲気の良い街でした。


レポーター「西川 桂子」の最近の記事

「カナダ」の他の記事

  • 195 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website