日本

日本:東京

武藤 櫻子(むとう さくらこ)

職業…社長秘書、コピーライター
居住都市…東京都

前の月へ

2017.10

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

春巡業のぼりが目印

春巡業のぼりが目印

 今年、19年ぶりに日本出身力士の稀勢の里が横綱になったこともあり、相撲人気が高まっています。私もここ数年相撲に興味を持ち、両国で本場所があれば見に行くようになったのですが、今回は初めて大相撲の春巡業に行ってきました。

相撲は年6回の本場所があり、巡業は本場所の間に各地を回るイベントです。本場所が見られない土地で巡業を行うことで、地方の人にも相撲を身近に感じてもらおうというファンサービスのようなものです。


土俵が近いです!

土俵が近いです!

 今回行ったのは大相撲川崎場所。川崎市とどろきアリーナに特設の土俵が設置され、初めに公開稽古がありました。この時は割と真剣モードで力士が土俵の上で稽古をつけていました。

その後、イベント感のある、力士とちびっ子の相撲や、初切(しょっきり)という相撲での反則を面白おかしく2人の力士が見せるもの、相撲甚句という歌の披露、大銀杏(いちょう)の結い方や横綱の綱を締める様子の実演、そして力士の取り組みが見られます。


子どものサインに応える安美錦関

子どものサインに応える安美錦関

 稽古以外は割と和やかな雰囲気なので、会場の脇でストレッチをしたり四股を踏んだりしている力士にサインをもらったり、一緒に写真を撮ったりと、触れ合いも楽しめます。力士に赤ちゃんを抱っこしてもらうと、健康に育つと言われていて、その縁起にあやかって赤ちゃんを抱っこしてもらい記念写真を撮ってもらう親子連れも多く見掛けました。


こんなに近くで力士が見られます

こんなに近くで力士が見られます

 この会場では、両国国技館よりも近くで土俵が見られましたし、チケットの値段も本場所よりも安めです。力士とも触れ合えるのでファンにはたまらないイベントだなーと思いました。もうすぐ5月場所が始まります。どうなることか、今から楽しみでなりません。


本場所では見られない笑顔あふれる和やかな雰囲気

本場所では見られない笑顔あふれる和やかな雰囲気


レポーター「武藤 櫻子」の最近の記事

「日本」の他の記事

  • 166 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website