フランス

フランス:トゥルーズ

田渕和恵(たぶちかずえ)

職業…塾講師(日本)/イラストレーター(フランス)
居住都市…岡山県新見市/フランス・トゥルーズ市/ブルキナファソ・ワガドゥグ市他

前の月へ

2019.7

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

停電の中、近所の子どもたちとお誕生日を祝っています

停電の中、近所の子どもたちとお誕生日を祝っています

 ブルキナファソ・ワガドゥグの4月というと、停電・断水勃発シーズンです。私が住んでいた家は、比較的裕福な一軒家だったのですが、停電・断水は裕福だろうが何だろうが、どの地域にも容赦なく訪れます。

 年間で一番暑い4月の40度超えのさなか、長期にわたる断水・停電。10個のタンクと四つの大きなバケツに水をたくさん入れ、それを「一日に風呂おけ3杯まで」「なるべく汗をかかないように過ごそう」と決め、水を節約する生活は何とも過酷…。

 さらに40度超えでクーラーもないことから、日中冷蔵庫に3本くらい冷やしておいたペットボトルを抱えて寝るという生活が、およそ1カ月くらい続くわけです。

 断水・停電が続くとイライラがピーク。「シャワーが浴びたい! ろうそくの暮らしは嫌だ!」と、周囲に八つ当たりをしていました。

 イライラがピークになっていた、ある日のこと。お隣に住んでいる仲良しブルキナファソ人の友達が、息子の誕生日パーティーをするから、ぜひ来てほしいと招待してくれました。

 地域の子どもちが30人くらい集まって大はしゃぎ。みんなろうろくや電柱を持って、用意された(真っ暗で見えない)ごはんを頬張ります。

 停電だろうが断水だろうがお構いなし。子どもたちも大人たちもニコニコ笑顔で元気いっぱい。「水や電気がなくても、毎日元気に生きてるって素晴らしい。あなたが来てくれてとてもうれしいわ」と笑い飛ばすブルキナファソの友人たちから、大切なことを学びました。


ムハメド君、お誕生日おめでとう!

ムハメド君、お誕生日おめでとう!

 みんなで歌ったハッピーバースデイの歌も忘れられません。

 といっても、やはり40度超えの停電・断水は過酷…。何とかならないかなぁ。





レポーター「田渕和恵」の最近の記事

「フランス」の他の記事

タグ:停電対策

  • 227 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website