カナダ

カナダ:バンクーバー

西川 桂子(にしかわ けいこ)

職業…翻訳者、ライター、記者
居住都市…バンクーバー(カナダ)

前の月へ

2020.12

次の月へ
S M T W T F S
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

 日本では、欧州における新型コロナ第二波について報道されているようですが、カナダも8月末ごろから第二波に見舞われています。

 特に9月からは小学校から高校までの学校が再開されています。少しでも早く感染者を特定したいこともある中、鼻咽頭ぬぐい検査は小さい子どもには厳しいと、12年生(高校3年生)までの子どもたちを対象に、9月半ばから新しい検査が導入されました。

 記事を読んだとき、日本の空港で行われている唾液検査と思ったのですが、紹介ビデオを見てびっくり!違いました。




https://www.youtube.com/watch?v=ZvqjkbD-moA&feature=emb_title

https://www.youtube.com/watch?v=ZvqjkbD-moA&feature=emb_title

 殺菌した食塩水を口に入れて「くちゅくちゅ」してから吐き出したものを検査するというものでした。

 有効性について、少し検索したところ、『Forbes』で7月にドイツの大学、Martin-Luther-Universität Halle-Wittenbergで、同様のテストについて調査をしたところ、良い結果が得られたとありました。

 特に早期の感染を確認するのに有効だったようです。

 さて、知人の数人がここ1ヵ月の間に日本に渡航して、唾液検査を受けました。

 日本の唾液検査は唾液を採取するというもので、分量の採取に苦労したと言う人も複数います。検査ブースのレモンと梅干の絵を眺めて頑張ったのだけど、必要な分量がでなかったと言う人もいました。

 カナダでは新型コロナの検査は、大人については、今も鼻咽頭ぬぐい検査が行われています。あっという間だから大丈夫という人も多いのですが、決して心地の良いものではないと思います。

 ただ、ドライブスルー検査を利用する人が多いです。待合室で感染しているかもしれない他の人と一緒になるより、車で待つことができるということで安心感があるとのこと。

 ところ変われば…だなと思いながら、日本のPCR検査の様子をニュースを見ています。






レポーター「西川 桂子」の最近の記事

「カナダ」の他の記事

  • 86 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives