アメリカ

アメリカ:シアトル

ハフマン・ワカバ

職業…兼業主婦(メーカー勤務)

居住都市…シアトル(アメリカワシントン州)

前の月へ

2021.9

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

アクリル板付きのカウンター

アクリル板付きのカウンター

 ワクチン接種完了を機に、2年ぶりに夫の故郷・テネシー州に里帰りすることを決めたのは6月。ワクチンが一般にも普及しつつある時期で、接種済みの知人の中には旅行三昧の人もおり、コロナ前と同じとは言えないものの、自由が戻ったかのような印象を与え始めていました。ですが、里帰りする8月にはデルタ株の脅威がより深刻になものに。今回の記事は、その頃に体験した飛行機旅についてです。


 朝5時頃にシアトルの空港に向かうと早朝にもかかわらず大勢の人々。皆マスクは付けていますが、セキュリティの列で2メートルの間隔を取るのは無理な話。空港内は各所に手の消毒薬が設置され、航空会社のカウンターには対面する客とスタッフの間にアクリル板が付いていました。


 セキュリティを抜けゲートについた私が最初にしたのは、着席前に、自宅から持ってきたワイプで手すりや座席を拭くこと。しかし、周りでそんなことをしている人はおらず、あまり気にしてもいない様子でした。隣に着席されるのもあまり気持ちのいいものではなく、1席ぐらい間隔を開けたいものでしたが、結構な混雑でそれも叶いませんでした。


消毒液の染み込んだワイプが配られたユナイテッド航空

消毒液の染み込んだワイプが配られたユナイテッド航空

 搭乗までの時間つぶしに見ていた空港のモニターには、飛行機の到着、清掃中、搭乗案内中などの段階が表示されていたのですが、清掃中がやけに長く感じたのは、コロナ禍という私の思い込みもあるのかもしれません。

 搭乗してフライトアテンダントから最初に手渡されたのが、消毒液の染み込んだワイプ。コロナ禍の新サービスのようです。飛行機内は入念に消毒されているとは思うものの、やはりここでもテーブルや手すりをそのワイプで拭きました。


 やっと着席し、辺りを見回すとほぼ満席のフライト。驚きました。


レポーター「ハフマン・ワカバ」の最近の記事

「アメリカ」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives