マレーシア

マレーシア:クアラルンプール

久貝 京子(クガイ キョウコ)

職業…団体職員
居住都市…マレーシア クアラルンプール

前の月へ

2021.4

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記者会見の様子を報道するTV局の公式サイト

記者会見の様子を報道するTV局の公式サイト

捜索17日目の24日夜、10時からナジブ首相による緊急記者発表が行われるとのニュースが、テレビ、ラジオをはじめツイッターやフェイスブックなどで広まりました。


記者発表翌日3月25日の各紙朝刊

記者発表翌日3月25日の各紙朝刊

多くの国民が視聴したと思われるその会見で、ナジブ首相は、イギリスの捜索チームにより、オーストラリアパース沖のインド洋南方にその位置が確定されたことを説明し、そしてゆっくりと、「深い悲しみと悔しさを胸に、MH370は、インド洋南方でその終わりを遂げたのだと、皆さんにお伝えしなければなりません。」と語りました。


3月8日に消息を絶ってから、すでに2週間以上が過ぎ、特に2週間目に捜索が新しい局面に入り、海上中心になった頃からは、もうだめなのだろうとほとんどの人が悟っていたと思います。それでもまだ、もしかしたらと、皆がそれぞれの心の中に残していた微かな希望は、この一瞬で消え去りました。


この記者発表の直後から、フェイスブック上にはたくさんの悲しみと乗客・乗員へのお悔み、そして家族への励ましの言葉が、次々とポスティングされていきました。

少しでも早く、機体が陸に上げられるよう、マレーシア国民は引き続き祈り続けることでしょう。



レポーター「久貝 京子」の最近の記事

「マレーシア」の他の記事

タグ:

  • 953 ビュー
  • 1 コメント

1 - Comments

かなやより:

2014 年 03 月 27 日 16:52:04

マレーシア航空機の捜索の行方は、ここ十勝でも大きな関心事となっています。インド洋南部では新たに100個を超える浮遊物体が衛星で捕捉されたとのこと。一日も早い事態の解明が待たれます。

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website