ブラジル

ブラジル:サンパウロ

日下野 良武(くさかの よしたけ)

◎職業;ジャーナリスト、ブラジル文化研究家
◎居住都市;サンパウロ市(ブラジル国)

前の月へ

2018.9

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

ブラジル代表のゴールに国民も大喜び(サンパウロ市内のバーの前で)

ブラジル代表のゴールに国民も大喜び(サンパウロ市内のバーの前で)

 6月27日午後(ブラジル時間)、W杯ロシア大会の予選リーグ(以下GL)でブラジルはセルビアに2―0で快勝し、トーナメントへ首位通過を果たした。次第に調子が上がってきたブラジル代表に、国民の大騒ぎが始まった。
 サンパウロ市内では午前中に花火などの騒音がほとんど耳に入らず、静かだったが、午後に入り道路が大混雑。皆、職場から自宅か応援会場へ一斉に向かったからだ。「早く前に行け~」とばかりに、渋滞中の車から怒りのクラクションが鳴る。すでに、ドライバーが相当熱くなっているのを実感できる。


 試合開始と同時に花火が打ち上げられた。その後ひと時、静寂が続く。自宅の周りの道路に車がまったく走らず、人通りもちらほら。皆、テレビの画面にくぎ付けになっているのか。一喜一憂の末、前半35分すぎにパウリーニョのゴールが決まり、隣近所から大歓声が起こった。


 前半終了後、サンパウロ市内の中心部、パウリスタ大通りに面するバー「XAREU(鯵=アジ=の意)」へ向かった。約10分で着く。途中、すれ違った車はほんの数台。若者が集まり、試合中にホイッスルやラッパを散発的に鳴らす。平日の午後、こんな光景はW杯でブラジルが出場する日以外で見られない。チアゴシウバが2点目を入れると、跳びあがって喜ぶ。ブラジルは地震がほとんどない国。人口は2億人強だが、その半数の1億人ほどが飛んだり跳ねたりしたはずで、多少国土が揺れたかも…。


 勝負は時の運。優勝候補に挙げられていてもどんな結果になるか分からない。トーナメント戦に入れば、全戦勝つ以外決勝へは進めないのだ。その1回戦でブラジルはメキシコと戦う。国民の期待に応え、W杯6度目の優勝を目指してもらいたい。



レポーター「日下野 良武」の最近の記事

「ブラジル」の他の記事

タグ:サンパウロ

  • 58 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website