ネパール

ネパール:カトマンズ

うえの ともこ

職業…ライター、旅行会社勤務
居住都市…カトマンズ市(ネパール連邦民主共和国)
ナマステ!
ヒマラヤ山脈の麓、摩訶不思議な国にて、てんやわんやの愉快な生活を送っています。
こんなことからあんなことまで主婦的目線でリポートします。

前の月へ

2019.12

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
美白クリームの商品名変更へ

 肌の色に関連した人種差別問題が国際的に大きなニュースになりましたが、日本でも、ここネパールでも肌が白いことがよい、という価値観はなんとなくあり、そういった需要を満たす商品は数多く販売されています。有名俳優を起用したコマーシャルも放送され、白く明るい肌色に憧れ、そうなりたい願望は強いようです。 ..

  • 53 ビュー
  • コメント
感染者増加の一途、コロナ保険発売中!

 ロックダウンから2ヶ月超、毎日3桁単位で新型コロナウイルス感染者が増加しているネパール。国民生活に支障をきたし、経済的にも大打撃となり、限界を感じたのか段階的にロックダウンを緩和する措置がとられています。  マスク着用、手指の消毒、ソーシャルディスタンス、夜間や不要不急の外出をしないなど、で ..

  • 81 ビュー
  • コメント
ロックダウン料理 月下美人を食す

 新型コロナウイルスの感染者数が増え続け、ロックダウンが再々々々…延長で6月14日までと発表されました。引き籠っている間にも色んな花の季節はやってきます。我が家の庭やご近所でもバラ、ジャカランダに続いてアジサイが色づいてきました。  そしてこのプレモンスーン期のお楽しみ、庭の月下美人が一晩で1 ..

  • 51 ビュー
  • コメント
新型コロナ感染者数一気に増加中、ピークは7月!?

 日本各地で新型コロナ感染拡大防止の自粛解除され始めたそうですね。日本より早くロックダウンに入っていたネパールは、ここにきて急に感染者が増え始め、死亡者が3名出たことで、延長に次ぐ延長は7度目となり、現時点で6月2日までです。  カトマンズ盆地への人や車の流れや、商店の営業時間もさらに厳しく制 ..

  • 73 ビュー
  • コメント
ネパールロックダウン 10日目

 新型コロナウイルスの感染拡大、刻々と事態が悪化していく世の中に大きな危機感を募らせています。南アジアでは感染者が少ないネパールでも、ヨーロッパからの帰国者から感染者が見つかり現在6名になっています。  ネパール政府は、国際線および国内線航空機の離発着を停止、3月24日から全土ロックダウンに入 ..

  • 176 ビュー
  • コメント
感染予防で挨拶は合掌「ナマステ」に回帰

 先日ネパール政府は、新型コロナ完成予防のため、8カ国の国籍者へのアライバルビザ発給停止をお伝えしましたが、その後WHOのパンデミック宣言を受け、4月30日まで全ての海外からの渡航者に対しアライバルビザ発給停止としました。また、すでに申請、発給済み登山許可証も保留としました。 ..

  • 90 ビュー
  • コメント
日本人など8カ国にアライバルビザ発給停止措置

 新型コロナウイルス感染が世界各地で拡大し続けている中、当地ネパールでも感染拡大を防ぐため、様々な対策がとられています。 ..

  • 127 ビュー
  • コメント
国際空港でコロナウイルススクリーン100名スルー?!騒動

 武漢で発生した新型コロナウイルスですが、ネパールでも中国からの帰国者から感染者が1名見つかり、隔離入院の措置がとられました。幸い無症状で容態は安定しているとのことです。 ..

  • 196 ビュー
  • コメント
2020ネパール観光年 イエティ大量出没!

 秋頃からツーリストスポットにド派手で巨大なゴリラのような像が設置されていて、その数は次第に増えてきています。  2020年のネパール観光年に向けてのマスコット?ヒマラヤ奥地に棲息すると言われる幻の類人猿イエティのようです。  アート作品として様々なテーマのペイントが施され、そのクオリテ ..

  • 143 ビュー
  • コメント
生理をタブーにしないで!

日本のデパートで女性社員が「生理中」を知らせるバッヂを付けるというニュースが議論を呼んでいましたね。 ネパールでは宗教上生理は「穢れ」として扱われ、神聖であると考えられている台所や家屋への侵入を禁止されたり、農村部では未だ屋外の小屋に隔離されることもあり死亡事故が発生したりもしています。また、職場 ..

  • 153 ビュー
  • コメント

Archives