別紙 敦子

 バルセロナの街中を歩いていたら、大胆な歩道を見つけました。従来の歩道に、横の車両通行帯を犠牲にして 大幅に拡大されています。  場所は、カタルーニャ広場に通じる4車線の車の交通が激しい通りです。  空港バスの発着地点でもある街の中心部で、殆どの旅行者は、このカタルーニャ広場に着きます。 ..

  • 15 ビュー
  • 0 コメント
大浦 智子

 4月4日はブラジルでは復活祭の祝日でした。例年、ブラジルの子供たちが楽しみにしているのが、卵型のチョコレートです。    卵型チョコレートは、学校や友人、親戚などからプレゼントされることが多いですが、今年の復活祭はこれまでで一番厳しい外出自粛令が出されていました。人と会う機会も減り、失業や世帯 ..

  • 7 ビュー
  • 0 コメント
別紙 敦子

 英国作家ジョージ・オーウェルの代表作「1984」をご存じでしょうか。  世の中が危険や不気味さを感じさせる管理社会になり、反抗しようとする人が敗れてしまう話で、結末は悲劇的。そんな監視管理社会を「オーウェリアン」(Orwellian)と呼ぶようになったほど、人気が出ました。  今 改め ..

  • 38 ビュー
  • 0 コメント
大浦 智子

 「腎臓を売って、生活費と、そして壊れた義足の治療費に当てるしかない」  今、ドイツのミュンヘン近郊のバイルハイム市で起こっているガラン・ジャロールさん(37歳)の現実です。  ガランさんはシリアのアレッポ出身。アレッポでは両親と7人の兄弟姉妹の家庭で穏やかに暮らし、結婚後も15人の従業 ..

  • 16 ビュー
  • 0 コメント
小川 聖市

 本来なら2月上旬に開催予定だった台湾のコミケ「ファンシーフロンティア(fancy frontier、以下FF)」。1月に桃園市の病院で発生した新型コロナウイルスの集団感染の影響で延期になりましたが、その集団感染が治まり落ち着きを見せてきたこともあり、2月27〜28日に開催されました。  5月 ..

  • 35 ビュー
  • 0 コメント
別紙 敦子

 バルセロナには約550の公衆電話端末がありますが、近年 その半数は1年に1回も使用されていないそうです。    長年にわたって、とても便利だった存在の公衆電話ですが、携帯電話の普及と破壊行為により、路上でのこのサービスを維持するのが、かなり大変になっているようです。 ..

  • 72 ビュー
  • 0 コメント
サンチェス恵梨香

 アメリカでは新型コロナウイルスの感染拡大が確認された2020年3月以降、ほとんどの学校で休校措置が取られ、オンライン学習へ切り替えられました。それは21年4月現在も継続中で、私の娘も1年以上自宅でオンラインで授業を受けています。  日本では仕事がテレワークになったり、休校中の子どもが家にいる ..

タグ:新型コロナ

  • 27 ビュー
  • 0 コメント
西川 桂子

 カナダの新型コロナウイルスのワクチン接種は、12月最終週に始まりました。  長いパンデミックのトンネルの出口が見えたと盛り上がったものの、その後、供給が進まず、予定と比べてかなりの遅れがあります。  変異種による第三波(カナダはまだ第三波)が来ていることもあり、バンクーバーのあるブリテ ..

  • 40 ビュー
  • 0 コメント
小島 瑞生

 雪国スイスでも、日が長くなり、暖かい日が多くなってきました。新型コロナが収束しないまま、2度目の春が訪れたようです。(2年前のように、突然5月に雪が降る可能性はありますが)  春、といえばヨーロッパの多くの国では学校が春休みとなり、イースター休暇で春のバカンスを楽しむ人も多いのですが、スイス ..

  • 73 ビュー
  • 0 コメント

進むワクチン投与

2021.04.07 up

龍崎 節子

 メキシコでは昨年末、ラテンアメリカとしては初めての新型コロナウィルスのワクチン接種が始まっています。各国と同様、まずは医療従事者たちから。  ハリスコ州では現在60歳以上の高齢者の方々と、学校関係者が接種対象となっています。  学校関係者、教員に早期にワクチン接種してもらうことで、学校 ..

  • 20 ビュー
  • 0 コメント