ブラジル

ブラジル:サンパウロ

大浦 智子(おおうら ともこ)

職業…フリーランス
居住都市…ブラジル国サンパウロ市

前の月へ

2019.3

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今注目はアフリカンファッション!!

 この10年くらいの間に、サンパウロ市内のセントロ地区はアフリカからの移住者が目立つようになりました。移民、難民、留学生など、来る経緯は様々ですが、類は友を呼ぶの言葉通り、人種や民族、文化が近い人々は自然と肩を寄せ合うものです。  文化が近い人たちが集まれば、新しい土地にそれぞれが持つ文化が新 ..

  • 42 ビュー
  • コメント
現代の移民が織りなす多様な夜会

 ベリーダンスにアフロミュージック、各国の詩など、人種も民族も超えた、世界各国出身者による文化の紹介や移住の経緯に耳を傾ける夜会はいかがですか?  9月4日、移民によって発展してきたことを改めて回帰させられるようなブラジルらしい新しいイベントがサンパウロ市内で最も古くに設立された マリオ・デ ..

  • 62 ビュー
  • コメント
セサミンたっぷりアラブ料理の代表レシピ

 サンパウロ市内には珍しくないシリアやレバノン由来のアラブ料理店。それらのレストランのメニューに必ずあるのが「ホムス」と「ババガヌッシュ」です。  ホムスもババガヌッシュもパテの一種で、付け合わせのパンにつけながら食べると特別な癖もなく、和食のようなうまみは感じにくいのでつかみどころのない味で ..

  • 69 ビュー
  • コメント
日本オリジナルのしの笛を通じた日伯交流

 2000年頃からブラジルの日系社会の中で普及した和太鼓。日系社会のイベントでは、ショーステージで和太鼓演奏は今やなくてはならない存在です。その和太鼓演奏に花を添えるのがしの笛。    この約20年間で日本から和太鼓指導者が往来し、日系社会の和太鼓もぐんと実力を伸ばして来ました。そして今、しの笛 ..

  • 130 ビュー
  • コメント
コーヒーとともに現代の難民問題を見つめる

 6月20日『世界難民の日』に合わせ、6月はサンパウロ市内各所で難民に関する様々なイベントが開催されていました。  6月26日には、難民を支援するNGOア・アフリカ・ド・コラソン主催の『カフェ・コンテンポラネア』という講演会がサンパウロ市議会議場で行われました。  イベント名を訳すと「現 ..

  • 86 ビュー
  • コメント
毎月盛況、ブラジル北海道協会でのヴィーガン露店市

 サンパウロで新しい人と出会った時、実はヴィーガンであると告げられる事は珍しくありません。  動物由来のものを食べない、着ないなど、肉食大国ブラジルでは生きにくいスタイルのはずですが、植物も豊富で隣近所の生き方には干渉しない国だけに、充実したヴィーガンライフを送っている人も少なくない印象です。 ..

  • 101 ビュー
  • コメント
コーヒー商売の繁盛を祈り生まれた「コーヒーの聖母」

 ブラジルはコーヒー大国。今も主要輸出品目であり、ブラジル経済を支える農作物の一つです。  コーヒー生産者たちは、毎年の気候や世界経済の変動に大きく左右されのが宿命です。コーヒーは良い年と悪い年に大きな開きがある作物でもあります。  そんなコーヒービジネスの無事と繁栄を祈願して生まれた保 ..

  • 80 ビュー
  • コメント
記念品にアーティストによる似顔絵入りグッズが人気

 卒業式や会社での送別会やイベント等、何か皆で共有する思い出の場の記念品として、最近ニーズが高まっているのが、アーティストによる各個人の似顔絵がデザインされた商品です。  額縁に入るような紙に描いたイラストから、マグカップ、Tシャツ、クッションなど、実用的な物へのデザインまで、特にカリカチュア ..

  • 100 ビュー
  • コメント
懐かしいシリア・オリジナルの味を商品化

 干しアプリコットは、中東ではよく好まれる甘味です。19世紀から20世紀にかけてシリアやレバノンから移民した人々の影響を受けて、中東を主としたアラブ料理の食材の一部がブラジルでは身近にあります。  その干しアプリコットを使用して故郷の味を思い出すジャムを自らのブランドとして販売し始めたのがサン ..

  • 238 ビュー
  • コメント
ブラジルの『コーヒーの日』に収穫体験イベント

 5月24日はブラジルの『コーヒーの日』。『世界のコーヒーの日』は4月14日と定められていますが、ブラジルはよくコーヒーを飲という事で2005年にブラジルコーヒー産業協会(ABIC)によって独自に定められました。  それに合わせ、5月25日(土)にはサンパウロ市内のインスティトゥート・ビオロジ ..

  • 161 ビュー
  • コメント

Archives