メキシコ

メキシコ:グアダラハラ

龍崎 節子(りゅうざき せつこ)

職業…民芸品輸出、撮影コーディネート、通訳翻訳
居住都市…グアダラハラ(メキシコ・ハリスコ州)

前の月へ

2022.5

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
犬猫去勢避妊手術2

 私たちが11月から買い始めた保護犬「わか」も、この日、去勢手術を受ける予約をしています。早朝から絶食させて予約時間の少し前に到着。すぐに鎮静剤の入った麻酔をうち、効いてきた頃に先生たちに引き渡します。そこからの手順は一般的な動物病院で受けるものと同じ。毛剃りをして除去手術、止血を確認して麻酔が切れ ..

  • 116 ビュー
  • コメント
犬猫去勢避妊手術1

 メキシコでは2000年代になってからようやく犬猫の避妊去勢手術が一般的に知られるようになってきました。  市町村の保健所などでは動物の大きさにもよりますが250ペソ(1300円弱)程度、日帰りでの手術を受けることができます。  街の一般的な動物病院などではオスは日帰り、メスは一泊で60 ..

  • 113 ビュー
  • コメント
リベルタ市場の火災3

 封鎖している柵の中で警備に当たる警察官たちに、道ゆく市民が近づき、ペットボトルの水やサンドイッチなどを手渡していきます。勧められた警官たちも躊躇することなく受け取り、感謝してそれをいただいています。メキシコではこれが一般的なようです。 ..

  • 99 ビュー
  • コメント
リベルタ市場の火災2

 ラテン諸国で1番の大きさを誇るリベルタ市場の火災から二日後。私自身も何度も買い物をしたり日本から来た友人知人などをガイドして行ったこの市場の火災に胸を痛めながら、取材に赴きました。   ..

  • 91 ビュー
  • コメント
リベルタ市場の火災1

 グアダラハラ中心部には、どのメディアでも「ラテン諸国で最大級の市場」と紹介されている大きなリベルタ市場(通称サンファンデディオス市場Mercado de San Juan de Dios)があります。 ..

  • 117 ビュー
  • コメント
ワクチン接種便乗商法

 メキシコ国内のワクチン、及び3回目のブースター接種もほぼ終わりに近づいています。昨年春から一般に向けて始まったこの接種、周辺市町村も合わせて500万人近い人口に対して大型接種会場数カ所しか用意されていません。いずれも、大型イベント会場や州立大学体育館で行われており、指定された時間前に到着していれば ..

  • 147 ビュー
  • コメント
芯のないトイレットペーパー?

 日本でも、生協の商品などに「芯なしトイレットペーパー」というのがあり、厚紙の芯を使う代わりに、心棒が通る穴が最小限に作られており、心棒も専用の細いものが使われるものです。  先日、市内のドラッグストアにて面白いものを発見しました。芯もなければ、上記のような細い穴もありません。  包装を ..

  • 127 ビュー
  • コメント
大気汚染の原因と対策2

 乾季とこの祝日続きによって引き起こされる大気汚染。  州政府は天候と各所での観測データをもとに毎日、汚染状況を数値化(AQI:大気質指数)して市民に公開しています。その数値によっては、屋外でのスポーツなどを控えるように呼びかけるなどして市民に大気汚染の人体への直接的な影響を伝えています。 ..

  • 151 ビュー
  • コメント
大気汚染の原因と対策1

 メキシコ中央のグアダラハラは、10〜5月までは雨がほとんど降らない乾季となります。  ほとんど降らない、と言うのは文字の通りで、この半年間雨が降るのは12〜1月に訪れる数日の間だけ。しかもシトシト降る程度なので湿度に変化はほとんど見られません。草木も大地もカラカラに乾燥し、毎日湿度30%台が ..

  • 143 ビュー
  • コメント
イベントシーズンと物価

 メキシコの「年末年始」はイベントが目白押し。  12月12日の聖グアダルーペから始まり、本来は宗教的なクリスマス前夜祭で今は忘年会扱いの「ポサダ」、クリスマス、新年、明けて6日の「三賢者の日」。  この間、人々は親戚縁者友人たちの家に集い、また彼らを呼び、一年の労を労いつつご馳走を皆で ..

  • 110 ビュー
  • コメント

Archives