ドイツ

ドイツ:バーデン・バーデン

上原 飛鳥(うえはら あすか)

職業…旅行会社
居住都市…バーデン・バーデン

前の月へ

2020.5

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
16歳の誕生日 ビール解禁!

 ドイツでは16歳から、ビールやワイン、ミックスドリンクなどをお店で買って、飲酒してもいいことになっています。ウォッカやウイスキーなどのアルコール度数の高い蒸留酒は18歳からです。日本で飲酒は20歳からなので、本当にもう飲んでも大丈夫か?親としては正直心配なところはあります。  先日、16歳の ..

  • 57 ビュー
  • コメント
数週間ぶりの散髪 美容院に営業許可

 数週間続いたロックダウンの生活に、今週から徐々に変化がみられます。5月4日から多くの州では規制が緩和され、美容院が営業を始め、教会でミサが許可され、学校で段階的に授業が再開されています。  私の住むバーデン=ビュルテンベルク州では、800平方メートル以上の面積のお店も営業が許可されましたが、 ..

  • 29 ビュー
  • コメント
マスク作りに奮闘 着用が義務化

 4月27日から多くの州で、公共交通機関やスーパーなど店内でマスク着用が義務付けられています。当初ドイツ政府はマスク着用を推奨のみに留めましたが、それを受けた全16州は着用を義務化すると発表しました。  しかし、全土統一した決まりはなく、州によって規定が異なります。例えばベルリンでは着用の取り ..

  • 40 ビュー
  • コメント
ドライブインシアターが盛況

 5月3日まで接触制限令が延長されましたが、小さな店舗の営業が条件付きで許可されたり、学校も州によって4月末から徐々に授業が始まり、ドイツでは段階的に規制が緩和されつつあります。しかし引き続き娯楽施設、飲食店などは閉鎖が続いています。  そんな中、注目が集まっているのがドライブインシアターです ..

  • 61 ビュー
  • コメント
白アスパラガス農家に朗報 外国人労働者の入国許可

 今年も白アスパラガスの季節がやってきました。しかし、新型肺炎のため国境が封鎖され、栽培農家に大きな問題が発生しました。収穫を手伝う外国人労働者がドイツへ入国できず、人手が全く足りないというのです。  この問題を受けて政府は、4月と5月各月最大4万人の外国人労働者のドイツ入国を条件付きで許可し ..

  • 95 ビュー
  • コメント
間隔1.5メートル厳守 スーパーマーケットの様子

 ドイツ全土的に外出規制、接触制限令がでてから約2週間が過ぎました。私の住む町はフランスとの国境まで車で約10分。フランス・アルザス地方が危険地域に指定され、州の感染者数が全国的に見て3位と多いこともあり、なるべく外出を控えて毎日暮らしています。  外出は仕事、家族に会う、食料品を買う、郵便局 ..

  • 116 ビュー
  • コメント
コロナ休暇 5週間幼稚園と学校がお休みに

ドイツでは新型肺炎の感染者数が6000人を上回り(3月16日時点、ロベルトコッホ研究所より)、欧州各国同様に今後さらに感染が広まる恐れがでてきています。ロベルトコッホ研究所によれば、ドイツ全ての州で感染者が確認され、特に感染者が多いのが、ノルトラインヴェストファーレン州で、2月末に行われたカーニバル ..

  • 99 ビュー
  • コメント
花火で迎えるドイツの新年

 花火は日本の夏の風物詩ですが、ドイツで花火といえば、何と言っても新年です。カウントダウンで年があけると、一斉に打ち上げ花火の音がそこらじゅうから響いてきます。 ..

  • 89 ビュー
  • コメント
東フリースランドのお茶はいかが?

ドイツ北西部、北海に面した地域は東フリースランド(Ostfriesland)と呼ばれています。ヨーロッパに初めてお茶をもたらしたオランダに隣接し、紅茶(Ostfriesischer Tee)が有名です。東フリースランドのお茶消費量は一人当たり年間約300リットルで、ドイツ人の平均と比べると10倍。 ..

  • 443 ビュー
  • コメント
新年金運アップのスープ

 2018年 明けましておめでとうございます!  新年の料理としてドイツでよく食べられるのは、レンズ豆のスープです。これはレンズ豆がお金(コイン)に似ていることから、お金がたくさん入ってきますようにという金運アップの縁起を担いでいるそうです。イタリアやスペインでも同じようにレンズ豆が食べられる ..

  • 611 ビュー
  • コメント